Hisashi Shirahama Official Blog


<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< アコギな商売 prt.2 | TOP | 静寂の時 >>

2019.07.30 Tuesday

友がまた一人逝った

JUGEMテーマ:追悼





今朝、友が逝った

オフクロを看取った病院と同じホスピス
悪友のヒロノがそこの事務長さんとこれまた親友の仲で
おかげで母の旅立ちはとても穏やかなものだったが
彼女(死んだ友だ)も事あるごとに
病院スタッフに対して感謝の言葉を口にしていた
そんな不思議な縁で、彼女の状況と突然の死については
ヒロノから知らされることとなった

18から23才までの博多時代
彼女は音楽仲間の恋人として(その後結婚した)
僕の青春期の重要なメンバーの一人だった
その後ボクは上京し、いつの間にか記憶も薄れ
気がついた時には二人は離婚していた
一人は再婚し子供にも恵まれ
1人は独身のまま独りぼっちで旅立った

最後に彼女に会ったのは新婚間もない頃
新居に呼ばれて夕食を御馳走になったときだ
とても美味しかった
幸せそうだった
あれから40年近く経つ
なにもかも変わってしまった
多くの人間が去り、代わりに新しい人間が空いた席を埋めた

僅かだが変わらないものもある
ボクは相変わらず音楽家だし
元夫とは今も変わることなくずっと親友だ
​死者の記憶が消え去るまでにこれから何人見送るのだろうか
そして自分もいつかはその仲間入りをする
はっきりしているのはそう遠い話ではないってことだ
それを忘れず生きて行こうと思う


↑​ジャニスの「ベンツが欲しい」
彼女(メイ、それが彼女の呼び名だった)が愛した曲
「ベンツをおねだりしても可愛い女だと思われたい。それが私の夢」
生前そう言っていた
彼女はベンツを手に入れただろうか?
R.I.P.
 

コメント

 僕は数年前、ギターの師匠のひとりである先輩が亡くなり、衝撃を受けました。
 多くのことを教えてくださった先輩でした。僕も久さん同様、音楽を続けていて(もちろん、自分なりの細々とした活動ですけどね)彼の奥様とは今でも繋がっていて、彼の命日にはお線香を贈ることにしています。

 人は2度死ぬと言いますよね。1度目は、本当の死、そして人々の記憶から消えるときに2度目の死を迎えるそうです。
 似たような話を藤井フミヤさんが話していました「とても綺麗な景色を、恋人と二人で見たとして、その記憶はどちらかが生きているうちは消えない。でも二人とも死んだときに永遠になる・・・」みたいな話だったかな?

 亡くなった人を思い続けること。これは決してネガティブな考え方ではないと思っています。思い続けること、忘れないこと。これは亡くなった方のためでもあり、自分のためでもあると思っています。

 ご友人のご冥福をお祈りいたします。
2019/07/31 12:32 AM by ufocluv(k)
ufocluvさん、いい話を有難うございます。
人は悪い記憶を残して死んではいけないという戒めでもありますね。
2019/07/31 10:35 AM by H. Shirahama

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4377

トラックバック

▲top