Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 自然の力 | TOP | プロジュニアが戻ってきた >>

2019.08.26 Monday

モーガン・フッシャーという人

JUGEMテーマ:LIVE


↑ Nanker's Best at 川崎チッタATTIC


モーガン・フッシャーという人

Motto the Hoopleというバンド名にピンとくる人は、僕と同じ世代の筈
70年代ブリティッシュロックを語る時に欠かせないバンドの一つだ
僕が高3の時にアルバム「The Hoople」(邦題:ロックンロール黄金時代)
がリリースされ、ミュージックライフではメンバー個々のアー写も掲載された
その中で一番目を引いたのがモーガン・フィッシャーだった
ダリのような風貌に、ピアノ鍵盤を襟にあしらったジャケット
バンドの写真ではセンターど真ん前にいたから(イアン・ハンターは端っこ)
間違いなくこの人のバンドなんだろうと思っていたんだが
今思えば、新入りのモーガンを紹介する写真だったんだなぁ

全米ツアーではクィーンを前座にするくらいの超人気バンドに成長するも
78年に解散、その後世界中を旅して(なにせ大金持ちだから)
インドの帰りに立ち寄った日本に強く惹かれ、以来36年日本に住んでいる

R&Rから一変ヒーリングミュージックの分野で注目を浴びたが
これまでは会う機会が無かった
ところが白浜プロジェクトメンバーの扇田裕太郎氏とバンドを組んだというから
「会わせてくれー」と懇願するもなかなか日程が合わず
昨日ようやくライブを観にいくことが出来た
バンド名はNanker's Best
「ストーンズ初期のペンネームナンカーフェルジと関係あるん?」
と裕太郎氏に訊いたらその通りだった

で、結論からいうと素晴らしいライブだった
ここ4~5年における国内外アーティストのライブの中でも
間違いなくベスト3に入る
構成はそれぞれのソロ曲が三分の一
バンドによるオリジナルが三分の一
カバーが三分の一
モットの熱狂的なファンだからそりゃ
「全ての若き野郎ども」や「All the way from Memphis」のイントロで
Oh, Yeahってなことにはなるんだけどさ
オリジナルも素晴らしかった
こんなライブをカブリつきで観られるなんてね

で、アンコール途中、裕太郎氏にステージに呼ばれ
ギター渡されてセッション
うわお、モーガンをバックに!?



長生きはするもんだ


↑ライブ後モーガン氏と 45年越しの夢が叶ったばい!

ちなみにモーガンは10月からモット再々結成の全米ツアー
来年には日本公演も実現するかも知れないとか
ちなみにイアン・ハンターは80歳、モーガンさんは69歳



↑モット・ザ・フープル「Golden age of R&R」

正式加入したばかりのモーガンも映っている
ギターはミック・ラルフスに代って入ったアリエル・ベンダー
直後にミック・ロンソンが参加
そして解散した
時代はパンクからニューヨロピアンに移っていった
 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4403

トラックバック

▲top