Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 日本韓国、目糞鼻糞やね | TOP | あれから18年 >>

2019.09.11 Wednesday

One love, one life

JUGEMテーマ:自然と共に生きる

↑ U2「Mother and Child reunion 〜 One」

Oneは1992年に発表されたアルバム「アクトンベイビー」に収録
冒頭のMother and...はポール・サイモンの曲(邦題:母と子の絆)
デジタルダンスビートに路線変更した頃で
個人的には馴染めなかったんだけれど
この曲はU2本来のサウンドで
結局この曲ばかり聴いていた記憶がある

個人的にはちょうどARB解散後で、ソロも上手くいかず
ノエル・ギャラガー風に言うなら
「肥溜めに浸ってる気分」
その後、裏方に徹してソロ活動は一切しなかった(したくなかった)
仕事は順調だったし、福山雅治が驚異的な売り上げを更新していたから
今度は小市民的幸せにドップリ浸かっていたことになる
その時期に心の支えになっていたのがこの曲だった
2000年、田中一郎氏と再会して、創作活動を再開するまで
途切れることなく聴き続けた曲だ
嫌な時代を思い出すから暫く聴かなかったんだが
世界がバラバラになった今の時代
地球上の全ての指導者に聴かせたい
きっと何も感じないんだろうけど

Is it getting better
Or do you feel the same?
Will it make it easier on you, now
You got someone to blame?
You say one love, one life
When it’s one need in the night
One love, we get to share it
Leaves you, baby, if you don’t care for it

少しはマシになったかい?
それとも何も変わっちゃいない?
誰かのせいにすれば
今だけは気分が晴れるだろうさ
一つの愛、一つの命
この夜をやり過ごすのに必要なのは一つだけ
一つの愛
これを皆で分かち合おう
それに気付かずにやり過ごしてしまったら
君のもとを離れて二度とその手には戻っては来ないものなんだよ


閑話休題最近気がついたんだが
ノエル・ギャラガーとは意外と共通点があった
口が悪いこと
マルチプレーヤー
ギターソロはあまり弾かない
左利きだがギターは右
そしてU2のベストソングに、このOneを挙げている

新作の詰めに入って
並行してトラックダウンも始まったんだが
サウンドチェックにノエルのハイフライングバーズを使っているせいか
最近どっぷりノエルである(何故かオアシスは聴かないな)
 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4421

トラックバック

▲top