Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 敬老の日は今何処? | TOP | リック・オケイセク死去 >>

2019.09.15 Sunday

録音をガラリと変えたブルーリッジ・ギター


↑ ブルーリッジBR-240

ARBに入った頃はMASTERというアコギを使っていた
その昔カワセ楽器が製造していたマーチンD-28のコピーモデル
ずっとこれ1本で頑張っていたんだが
20年前にブリッジが浮いてきて、結局手放した
代りに手に入れたのがモーリスS-91
ここ数年はエピフォンTexanと2本を使い分けていたんだが
プロ、それもプロデュースする人間にしては
本数がメチャ少ないですね
恐らく一番散財したのはコンピューター、その次がシンセ、エレキギター
アコギには殆ど金かけてないなぁイカンなぁ・・・

話逸れたが、デビューから今に至るまでレコーディングの際には
EQ(音質補正)とリミッター(とゆーのがあるんです)は必須アイテムで
何も言わなくてもエンジニアは必ずこれを入れていた
この2つが無いというのはまるでブレーキとステアリングのないクルマを
運転するようなものだった(と記憶している)
エンジニアさんに言わせれば
「しょーもないギター持ってきてからに!
これじゃ良い音なんか録れっこないぢゃないか!!」
だったかも知れないけど立場上、そんなことを言う筈もないしな

で、先日榎本スタジオで録ったアコギ、完パケた曲からトラックダウンを開始
まずは何も機械を挿まない状態で聴いて
必要とあらばEQ、リミッターを入れていくんだが
大体は超低音をカット、ボーカルの帯域をやや削って高音を強調して・・・
とゆー作業を条件反射的にやってきたが
あれ? 別にいじらなくていいんぢゃね!?
とゆーワケで録った音を殆ど、というか全く加工しないテイクが登場してきた
4本のブルーリッジギターでNo-EQ、No-Limiterは5曲中3曲

デジタル処理とはいえ、機械はなるべく通さない方が良い
化粧して綺麗に見せるより、スッピンでオーケーなら
そっちのほうが魅力的だったりするじゃない!?
まぁこういうことは女性蔑視とも受け取られる危険性あるから
あんまし言いたくないんだけど
例えて言うなら充分に魅力的な10代の女性に厚化粧を施さなくても
いいんじゃね!?ってこと

そうなると他の楽器も気になりだして、兎に角厚化粧しない音作りをやってみようと
ドラムの音源から作り直している
1950年代の一発録りのジャズの音が良いのは結局こういうことなんだよねぇ
この年になってもなお新しい発見があるってのは嬉しい
まだまだ死ねないなぁ




 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4428

トラックバック

▲top