Hisashi Shirahama Official Blog


<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 26兆円の中身 | TOP | ギターが鳴ってきた >>

2019.12.07 Saturday

プライド

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ U2「Pride~ In the name of love」12月4日埼玉スーパーアリーナにて


沢尻エリカ

彼女、例の湾岸署を無言で出ていったようだが・・・
そのことを批判する人は(案の定)少なくはない
これは僕個人の意見だが
これまであそこで繰り広げられた釈明の儀式(土下座する男もいた)
あっちのほうがよっぽど違和感あった
一体彼等は誰に向かって謝っているんだろう?と

少なくとも僕は被害に被ってないし(世界中の大多数がそうだ)
仮に被害者がいるとしたらTVを通じてではなく直接謝罪にいくべきではあるまいか!?
NHKは被害者ヅラしているけど、この組織のこれまでやってきた不正について
国民が納得出来る謝罪が1度でもあっただろうか?
引責辞任したトップは皆億単位の退職金と共に相撲協会だの、五輪なんちゃら組織に
天下っているではないか

100歩譲って大河ドラマ録り直しに1億掛かったとしよう
その1億は川口さんとかさんという女優さん、共演者、スタッフの収入になるんだし
それを沢尻エリカが支払えば、仕事貰って悦ぶ人こそ居るが
困窮する被害者は一体どこの誰だというのだ!?

まぁドラッグの売り上げが暴力団の資金源になって
二次被害に遭われている人が少なからずいるとすれば
彼女の責任はゼロとは言い切れないけど
モリカケスパや文科省とベネッセの癒着(による入試被害)
桜の会の私的利用及び詐欺事件
こっちのほうがよっぽど問題だと思うけどな
(死者まで出ているではないか!)


U2、中村哲さんを追悼

One man caught on a barbed wire fence
One man he resist
One man washed up on an empty beach
One man betrayed with a kiss
Nothing like love
There’s nothing like love
Nobody like you
Early morning, April 4 Shot rings out in the Memphis sky
Free at last, they took your life
They could not take your pride
In the name of love
What more in the name of love?

有刺鉄線の向こうに囚われた男
彼は抵抗を続ける
無人の浜に打ち付けられた男
その男は裏切りのキスで殺されたのだ
愛には勝てない
愛に勝るものなどありはしない
4月4の朝、メンフィスの空に銃撃の音が響く
自由を遂に勝ち取った時、彼等は貴方の命を奪った
だが彼らは貴方の誇りまでも奪うことは出来なかった
愛の名のもとに
それ以上何がある?



12.14 イベント「豚骨ロック」Red Shoes
12.27 プロジェクトライブ 吉祥寺GB


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top