Hisashi Shirahama Official Blog


<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< モラルが消えゆく社会 | TOP | R.I.P マリー >>

2019.12.10 Tuesday

モラルが消えゆく社会 vol.2

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


クルマの運転が楽しくない

ここ数年はよっぽどの理由が無い限り
自分で運転することは避けてきた
理由は簡単
都心の運転が楽しくないからだ
今日はギターを積んで新宿方面まで片道1時間ほど走らせたが
まーマナーの悪いドライバーの多いこと
1分に1台くらい無謀な車線変更するドライバーと出くわす
問題になっている煽り行為に遭うことはないが
前の車と10Mくらいしかない間隔でしかも50キロ走行していて
ウィンカーと同時に(或いは出さずに)割り込んでくる
これがあおり行為のきっかけになっているケースも
少なくないんではなかろーか


テコンドー問題

あのキャラの濃いおっさん(金原なにがしとおっしゃるか)
第三者委員会の「ガバナンス、パワハラについて問題無し」の結果を受けて
勢い付いたのか、以前薬丸氏(ヤックン)からTVで「クズ」呼ばわりされたことに触れ
「ここに呼んで来い」「謝罪しろ」と騒いでおるようだが・・・
流出したテープのやり取りで「パワハラ無し」とした第三者機関にも驚きだが
あれを聴いてヤックンが「こいつ、クズだ」と言ったのは充分納得がいく

とにかくこのおっさん、推定無罪を誤解している
第三者委員会の結論は「ガバナンス、パワハラを裏付けるに充分な証拠がない」
ということであって、無罪潔白の証拠があったわけじゃない
モリカケ、桜の会と一緒だ
推定無罪が適用されるのは名も無き市民であって
権力者には「疑わしき場合は去れ」が民主主義の鉄則だ
潔白の証拠を何一つ示せなかったおっさんに
声なき大多数の代弁者に文句を言う資格などない
一国の総理がアレだから下々の組織が倣っちゃうんだろーけど

桜の会問題についてはNHK以外のメディアがようやく
「このまま終わらせない」姿勢を前面に出してきた
あとは国民が飽きないことだ
これを看過させたら国民主権を放棄するに等しいのだから
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top