Hisashi Shirahama Official Blog


<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 最後の自粛週末か | TOP | マスク届く >>

2020.05.23 Saturday

Tie Shinzo & Masako down!

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ Queen ftr. Joe Elliott & Slash フレディ追悼コンサートより


Tie your mother down

ブライアン・メイ作。凄い歌詞だ

「お前の家でいちゃいちゃしたいから
かーちゃんを縛りつけて床に転がしておこーぜ」

昨日の厚労省委員会はコロナ問題ぶっ飛んで
黒川問題一色。
共産・宮本徹氏の追及にノラリクラリと
正面から向き合わないアベを見ていて
ふとこの曲が浮かんだ
「Tie Shinzo down, tie Masako down」
この曲、カバーしようっと


朕は国家なり

検察OBが意見書でこの言葉を引用して
「アベはルイ14世ぢゃ!」
と批判したことを挙げて
宮本氏がアベに
「これを聞いてアンタどう思ってんの!?」
と質問。
アベはムッとして
「わたしはルイ16世ぢゃないっ!」

あれ?
14世はどこにいっちゃったのかな!?

ルイ14世
フランスで最も在位の長かった国王(4歳〜76歳)
血気盛んな若者の時は周辺に戦争吹っ掛けて領土を拡大
絶対君主として長く君臨するも
晩年は負け続きでフランスは一気に貧乏国に。
まぁそんなもんです。
「朕は国家なり」
はルイ14世が17の時、取り巻きの貴族に言い放って
震え上がらせたということになっているが
ヴォルテールが著「ルイ14世」に記した作り話(だと思う)

で、ルイ16世は15世の孫とゆーだけで
国王になったボンボンさん。
王家に生まれなければパン屋か
靴屋さんにでもなっていたかもしれない。
アメリカ独立戦争に加担して経済をさらに悪化させ
38歳で悪妻のマリー・アントワネットと共に
市民の前に引きずり出されてギロチンにかけられ死んだ

アベがルイ16世と言い間違えた時には思わず笑ってしまった。
が、誰も「ならアキエはマリーアントワネットかい!」
と突っ込みを入れなかった。
残念だ




↑ 東京は久々に青空が拡がった




一週間ぶりかなぁ・・・嬉しくてつい走りに行った。
散歩している人のマスク装着率は8割程度。
ボクは狭い道ですれ違う時だけマスクを口に持っていって
それ以外は外してのランニング。
村上春樹さんもラジオで
「ウチは辺ぴな場所だからすれ違う人なんていない。
マスクも着けない」
とおっしゃっていた。
賛成に一票
お互い自粛ポリスに用心しましょう
 

コメント

コメントする









▲top