Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 道交法改正 | TOP | もうすぐ夜が明ける >>

2020.06.04 Thursday

関東も梅雨入りか

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 雨が続いたせいか庭にキノコが生えとる


ジョージ・フロイド

ミネアポリスで起きた痛ましい事件の被害者フロイド氏は
コロナ禍時代の殉教者になりつつある。
発端は彼の友人がコンビニで支払おうとした偽20ドル札。
店員が偽札に気付いて受け取りを拒否したんだが
何故かフロイド氏は10分後に戻ってきて同じ札を差し出したため
警察に通報され逮捕。
当初警察は「激しく抵抗したため鎮圧」したと発表するも
通りがかりの人が撮った動画がSNSで瞬く間に拡散したため
警察署は関わった警官4人を翌日解雇。
圧迫死させたデレク・チョービンは第三級殺人罪で起訴された。
動画には横にいた警官が「脈が無い」と訴えるも
「いいやまだだ」とさらに3分間、
首を踏み続けるチョービン被告が映されている

フロイド氏はコロナの影響で警備員を解雇されていた。
高校時代はアメフトやバスケで活躍、その後ラッパーに。
そこそこ有名だったらしい。
享年46歳

事件翌日から抗議活動が始まるも最初はデモというより暴動。
コロナのうっぷんを略奪と破壊で吐き出した感あったが
徐々に鎮静していったところにきてトランプが
ホワイトハウス前にいた平和的なデモ隊に向けて
催涙ガスとゴム弾をぶっ放したもんだから
デモ隊と警官、州兵のにらみ合いが一気に過熱。
デモを取材していた豪TVのカメラマン、スタッフが
警棒でボコボコに叩かれる動画も拡散され
国際問題に発展する可能性も出てきた


↑ ロスでの光景。これに倣う地域も出てきたようだが・・・


香港はどうなる

国家安全法に反対する国が次々と表明するなか
ジャッキー・チェンが筆頭で賛成に回った。
ビックリした。
調べたらチェン氏は中国の幾つかの機関で
委員、理事を務めている。
まぁ映画市場だけ見ても中国のほうがケタ違いに大きいしな。
残り少ない人生を祖国の自由と平和のために捧げる気は無いのか
残念だ。もう彼の映画は全て観ないことに決めた

反対にボリス・ジョンソン氏のように
「香港市民のためにビザ無しパスポートを数百万用意する」
と救いの手を差し伸べる人もいる。
その後イギリスへの移民申請も緩くすると言っているから
国内から大反発くらうだろーなー。
でもエライじゃないか

ま、世界が中国から工場を引き上げ、中国製品をボイコットすれば
簡単に解決しそうな気もするんだが・・・
決してそうはならないんだよな。
そーいえばオーストラリア政府も中国に意見したんだが
中国は即座に豪産牛肉と小麦に重課税、輸入制限で対抗。
これ、中国国内の食品が値上がりして
国民が苦しむだけだと思うんだけどなぁ。
あ〜あ、このまま酷い世界の中で死んでいくのかぁ
残念だわい



↑ いつもと違うスーパーに入ったら売っていた ん〜昭和だ!
 


コメント

コメントする









▲top