Hisashi Shirahama Official Blog


<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 魔女狩りの様相 | TOP | Do you remember the Saturday Gigs? >>

2020.07.10 Friday

ライブ告知

JUGEMテーマ:LIVE


↑ 左上:扇田裕太郎、下:モーガン・フィッシャー、右上:オレ


オンラインリハ

Zoom対談は小山卓治とやったけどセッションは初めて。
モーガンさんと裕太郎のユニット、Nanker's Bestのライブが
来週月曜日20:00からネット配信されるんだが
「飛び入りしません?」と誘われ二つ返事で承諾。
本日リハをやるというので早速参加したんだが
モーガンさんが
「ハーイ、ヒサシブリ! ゲンキ・・(ブチッ)」
と話している途中で画面真っ黒になり・・・
どうやらパソコンか周辺機器がクラッシュした模様。
残された我々はボー然自失。
モーガンさんの修復を待ってリハは明日以降に持ち越しとなった


モーガン・フィッシャーという人

モット・ザ・フープルのキーボーディスト
イアン・ハンターが抜けた後もモット、ブリティッシュ・ライオンズに参加。
クィーンのツアーメンバーになるも高価なシャンパンをガブ飲みしているところを
ブライアン・メイに咎められ、ツアー直前に解雇された(と聞いている)
その後世界中を放浪。
インド、東南アジアを廻った後に日本を訪れすっかりこの国に魅せられたという

中高時代に愛読していたミュージックライフで見るモーガンさんは
モットの中で一番目立っていたな。
そして誰よりもイギリス人ぽかった。
当時ロックバンドというとパープルやバニラファッジ
マウンテン、ステッペンウルフなどなど
オルガンが際立っているバンドが多かったけど
ボクはピアノがメインのモットのモーガン、
アレックスハーベイバンドのヒュー・マッケンナ
ジェフベック・グループのマックス・ミドルトンの弾く
ピアノサウンドが好みだった。
兎にも角にも中学ん時からの憧れの人とプレイするなんて
最高の気分だ(2年前に続き2度目だけど)

このままモーガンの機材が回復しないなんてことにならない限りは
来週アタマ、13日月曜夜8時からネット配信するので是非ご参加を!
投げ銭ライブだそうです(払わずとも観られます)
詳細は決まり次第、メルマガ、SNS、当ブログでお知らせします
 

コメント

コメントする









▲top