Hisashi Shirahama Official Blog


<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 過熱するトランプ vs 中国 | TOP | MLBも開幕 >>

2020.07.24 Friday

五輪開催日

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑1993年 Rock'n'roll Hall of Fame「Who'll stop the rain」


東京五輪

朝日に五輪の全面広告が載っていた。
池江璃花子さんが新国立競技場に立って
ランタンを掲げている。
CMとしては良い出来だと思うが・・・

白血病と闘う池江さんを見れば
五輪に100%否定的なワシでさえ
「ガンバレ〜負けるなぁ〜〜」
となってしまう。
ズルい。
個人的には五輪利権に群がる薄汚い連中が彼女を利用した
・・と思っている

各国の出場予定選手の6割以上が練習不足、モチベーション低下を訴え
来年開催にさえ大反対しているというアンケート結果も発表された。
「せめて派手な開会式閉会式を簡素化しよう」
とちっとはマトモな意見が出ても
広告業界から金貰っている連中が猛反対する。
IOCは来年開催に「6.5億ドルを出す」と言っているけど
裏を返せば「それ以上は出さないよ」ってことだ。
森喜朗(いつまで老醜晒してんだよ)は
「中止にしたら経費は倍から3倍かかる」
「反対している連中は何もわかっちゃいない」
と言うも、記者が「その根拠は?」と問うと
「一般論」だと。
はぁ?
根拠を示さずしてフザケたこというんじゃないよ

池江さんは(その他五輪選手も)国の宝だ。
彼女には汚れの無い国旗を纏わせるべきだ。
だが彼女の両肩にそれを掛けることの出来る人間が
今の五輪関係者にいるとは到底思えない


安楽死

早くからこの問題は論じられてきたが
後回しにしたツケがここにきて廻って来た
・・・としか言いようがない。
実に悲しい事件だ。
この件については誰に対しても何も言えない。
51歳で亡くなられた林優里さんが
この数年間、どれほどの苦しみを味わったか
想像を遥かに超える苦痛だったに違いない。
安楽死というより尊厳死と言うべきではないか
と思う。
合掌・・・


↑R&R Hall of Fameで受賞したのはCCR。式ではジョンの他にも
袂を分けたスチュ・クック、ダグ・クリフォードと
1990年死去したトム・フォガティの息子がコメントを述べている。
だがその後の演奏ではジョンだけ
スプリングスティーンとロビー・ロバートソンを携え楽しくやっている。
この時、旧メンバーとは泥沼の訴訟真っ只中。
ジョンが「他のメンバーとは絶対共演しない」との条件付きで
授賞を受けたんだそう。
モーガン・フィッシャー氏から聞いたんだがこの式の入場チケット
なんと1万ドル!
来れるのは超セレブのみ。
「権威も何もあったもんじゃない、タダの金儲けショーだよ」
とのこと。
120万円か、凄いね
 

コメント

池江さん、久さんも利用されたって思いましたか。僕もそう思いました。

彼女がそれを十分理解して。あそこに立ったのは、きっと、出場を決めた他のアスリートのためと、自分に言い聞かせた結果なんじゃないかとも思います。

今、実はすごくナーバスになっています。来週、交通安全講話を実施しますが、体育館に長時間生徒を入れておくよりは、ホールの方が安全かと思い、地元のホールを借り、着席の位置から何から自分なりに万全の準備をしました。

でも、わかってない職員もいます。こいつら、クラスターが発生したらどうなるかわかってないんだろうなと、注意喚起もしました。当日の朝も注意喚起します。でも、心配です。

これが終わった数日後、別の部署がそのホールを使うのですが、これが無策で、主任に何度も話しましたが、係りに丸投げ状態でした。しかたないので、僕が、その日の実施に関してもホール側の責任者としっかり打ち合わせしておきました。

今、何が一番大事か、僕も含めてですけどね、しっかり考えないとなってあのメッセージを聞きながら考えました。

でも、涙が出てきました。彼女があそこに立っていることに。
2020/07/25 1:40 AM by ufocluv(k)
おはよう、Ufocluvさん。
なるほど、シートに離して座らせたほうが密を避けられますからね。危険があるからやらない、というより敢えて最善の予防方法を講じて実施することはなにより子供達にとって良い経験だったと思います。
しかし教育の場が硬直した官僚社会ってのも困りものですねぇ。
2020/07/25 10:56 AM by H. Shirahama

コメントする









▲top