Hisashi Shirahama Official Blog


<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 秋雨 | TOP | Passing Bell >>

2020.09.22 Tuesday

引っ越し

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 家の守り神か!?


引っ越した

おそらくは東京都内で一番高い地域の一番高い建物の
最上階に四半世紀住んだあと
「そろそろ地べたで暮らしたい」
と住宅街の一軒家に越したのがおよそ15か月前。
マンション暮らしより快適な点はそれなりにあるものの
ボクのような人間だとマイナス面も多く
それが美点を上回ってしまった、と
まーそーゆーことだ



↑ 周りをグルーッと家々が取り囲んでいた

音漏れが凄い

当たり前っちゃ当たり前なんだが、ピアノ、アコギのレベルでもNG。
福岡の実家に介護帰省していた時には遮音処理して
仕事は続けていたから同じように施せば大丈夫やろと高を括っていたんだが・・・
隣家との距離を計算に入れてなかった(間取りは同じだが敷地面積は3倍くらい違った)
手を伸ばせば隣家の壁に届きそうな密集状態では
窓の遮音シートくらいじゃまるで歯がたたず。
結局近所のスタジオを利用するハメに・・・





高齢者の町

古い新しいはあるものの殆ど見分けがつかない戸建てがずーっと続いている。
この地域は四分の三が65歳以上。
ワシは何故か御近所のお年寄りにはウケが良くて(高齢者限定ライブでもやっか!)
ネコの散歩や草むしりしていると家から出てきて話をしていかれる。
なかなか会話が終わらないこともあったけど
死んだ母親のことを思い出させてくれる大切な時間でもあった。
引っ越すと聞いて餞別を持ってきてくれる方もいらっしゃった。
ん〜余生を過ごすにはいい所かも知れないが・・・

ヌシはツチガエル!?

イボガエルともいう。だがこの家の庭に棲むのは体長10cm超えの大物。
住み始めた頃に庭から出てきて、それ以来ずっと見かけなかったのに
引っ越しの準備始めた頃から姿を現し、引き払うまでの1週間ずっと
居間の窓から見えるところでじっとしていた。
まるで別れを惜しむように。
動くものには何にでも飛び掛かるウチの噛み猫も
さすがに敬意を払っている(ように見えた)

てなワケで今は西東京の中心街に居る。
本屋も楽器屋も、高島屋だって伊勢丹だって歩いて行ける。
音もフツーに出せる(念のため遮音処理中)。
段ボールは次々に開けられ徐々に減りつつある。
通販も早ければ週内に再開出来そうだ(今暫く御容赦下さい)



小山卓治×白浜久 Kick Out the Virus in 九州

10月31日 田川
11月2日 福岡
11月3日 熊本
詳細


コメント

コメントする









▲top