Hisashi Shirahama Official Blog


<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.07.29 Wednesday

眼鏡を新調する

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 上が新しい眼鏡 サングラスは脱着式 下が3年以上使った眼鏡


感染者減らないなぁ

ん〜PCR検査代、無料とまで言わないが(NYはタダ)
せめて保険適用にならないものか。
Go Toトラベルでやるべきは検査を必須にし
飛行機代や宿賃をマケるのはその後って気がするんだが。


アベ芸

ボクは読んでないが、アベよいしょ本と言われている某紙に
「総理闘争宣言」なるインタビュー記事が載ったそうで。
良識あるジャーナリストは異口同音
「自己正当化と言い訳甚だしい」と痛烈に批判している。
なかでも酷かったのが彼自身の政治家像だ。

「政治家は闘う政治家と闘わない政治家に分けられる。
自分は「闘う政治家たれ」と言ってきた。
諸問題に対して正面に立てば、向かい風を受けるが
それを厭わず立ち向かい、結果を出して行く。
もし闘う気力を無くしたら自らその任を辞すべきだ。
私の気力は微塵も衰えてはいない。
様々な問題についてこれまで同様、私は結果を出していく」

だと。

一体どの口が言っているんだ!?と呆れてしまった。
この8年、向かい風を正面から受け止めたアベを
少なくともボクは一度たりとも見ていない。
世の中にはちょっと困ったおじさん、とか
虚言を言って回るおばちゃんとか
近隣にとってメーワク極まりない人は多々いるものの
一国のソーリがそんなんじゃヤバいんぢゃないの!?
それを良しとする人間が相当数いるっていうのは・・・

話変わるが、今週のサンデー毎日に載った山田厚俊氏の記事
「女子医大400人退職」は読み応えあったな
 


2020.07.28 Tuesday

リモートライブにリモート呑み会

JUGEMテーマ:自然と共に生きる




リモートライブにリモート呑み会

前回はレコーダーのギターシミュレーターを使ったんだが
今回はレコーディングと同じシステムで、つまりアンプを鳴らしてみた。
となると、ボーカルマイクでも音を拾ってしまうので
バランスとるのにちょっとした工夫がいるんだが・・・
うん、やっぱラインより断然いい

8時スタートで出番は9時から
Black Magic Woman
Hush
Golden Age of R&R
All the Young Dudes
Saturday Gigs
Knock on Heaven's Door

およそ1時間演って我々はそのままリモート呑み会に突入。
モーガンさんも裕太郎氏もやたら機嫌が良くて
2時間くらい盛り上がってしまった。
モーガンさん:「ピーターは最高のギタリストだったよ」
裕太郎:「殆ど知らないんだけど何を聴けばいいかな」
ワシ:「ブルースブレーカーズは1枚しかないし
フリートウッドマックなら英国の薔薇とミスター・ワンダフルかな」
M:「うん、そうだね」

酒がすすむにつれ話はどんどんディープに。
モーガン氏のワイン(Jean Genie !)が1本空いたところでお開き。
お疲れ様!



 

2020.07.27 Monday

リモートライブ

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 弦交換を済ませたストラトキャスター 今回は3本使用予定


Nanker's Best リモートライブ Vol.6
↑ クリックすると観られます。本日午後8時から(無料)

昨日リモートセッションをやったんだが・・・
きっかけはピーター・グリーンの死去(朝日朝刊にも載ってた)
ピーターとモーガン氏はロンドンの楽器屋で偶然逢ったそうだ。
フリートウッドマックに18歳のダニー・カーワンを加入させた時期で
ギターを買ってあげるために楽器屋に出向き、そこでセッションが始まった、と。
取り巻きが幾重にも群がってその演奏を聴いていたとか。
「イエスが一番弟子に知恵を授けているみたいだったよ」
「あまりに神聖だったから言葉をかけずに帰ってきてしまった」
モーガン氏はあの光景を51年経った今もハッキリと憶えているそうだ

それから60年代の代表曲を片っ端からセッション。
簡単なコード譜と歌詞がメールで送られてきて
それをプリントアウトしたら即演奏みたいなのがおよそ2時間。
やっかいなコロナ禍で、リモートが定着したのは
数少ない良き面の一つだったと言える。
さて、今日はその中から何を演るんだろうか?
セットリストは直前まで分らない

モーガン氏は、細かいことを決めないイアン・ハンターと
完全主義者のブライアン・メイという両極の二人と
同時期に活動を共にしているが
御本人が言うには「ボクはイアン派」なんだそう

では今晩ネットでお会いしましょう。
どしどしコメント書き込んで下さい。投げ銭も宜しく!
 


2020.07.27 Monday

こんな夜更けに

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ Nanker's Best with H. Shirahama 今日のリハ風景 名札が違っているわい!


リモートでもセッションは楽し

今日のNanker's Bestのリモートライブに
急遽参加することになった。
1週間前に続き2回目。
リモートセッションを演ってたら
「ピーター・グリーンが亡くなったね」
「ボク、ピーターに逢った事あるよ」
「この曲、知ってる?」
「勿論! Oh, yeah!!」
ピーターの曲や、追悼曲がどんどん出てきて
「明日も一緒にやろーよ!」
という事になった次第

本日午後8時から
https://youtu.be/sA6JjdU6LIQ
このアドレスで配信されます
Don't miss it !

 

2020.07.26 Sunday

リモートライブ

JUGEMテーマ:LIVE


↑ 明日の午後8時よりNanker's Bestのリモートライブ またまた飛び入りします!
 


2020.07.26 Sunday

R.I.P. ピーター・グリーン

JUGEMテーマ:追悼


↑ ピーター・グリーン時代のブルースブレーカーズ「スタンブル」


ピーター・グリーン

ジョン・メイオール&ブルースブレーカーズからクラプトンが脱退
後釜に選ばれたのがピーター・グリーンだった。
この二人の無反省に弾き倒すブルースは凄かったなぁ。
どちらもフレディ・キングの曲をレパートリーにしていて
流暢なほうがクラプトン、感情的なのがピーターだ

その後ピーターはフルートウッドマックを結成
彼の書いたブラックマジックウーマンが大ヒット
(18までサンタナの曲かと思ってた)
だが薬物依存が酷くなりバンドからも音楽からも
暫く遠ざかっていた。
噂だと廃人同然になって復帰は無理だろうと言われていたけど
wikiで調べたら1978年から活動を再開していた

ピーター在籍時のブルースブレーカーズのアルバムと
フリートウッドマックの「英国の薔薇」「ミスター・ワンダフル」は
高校時代の愛聴盤だったなぁ、殆どコピー出来んかったけど。
昨日73歳の生涯を閉じた。
合掌・・・
 

2020.07.26 Sunday

Saturday Gigs

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ Mott the Hoopleリユニオン「Saturday Gigs」 モーガンさんもいるな
 


2020.07.25 Saturday

MLBも開幕

JUGEMテーマ:自然と共に生きる




大リーグも開幕

エンゼルス×アスレチックス
大谷翔平、初打席初ヒット。
あの爆発的感染の後だけに無観客試合もやむなし、か

日本の感染者数はアメリカと比べたら微々たるもんだが
検査数が桁違いだからな。
NYはPCRを無料で、しかも何度も受けられる。
クオモさんがトランプより先に動いたせいで
いまNYはゆるやかな収束に向かっているらしい

日本で自主的に検査受けに行くと4万円かぁ。
検査数が世界で150位くらいなのは
おそらくこの金額がネックなんだろうな。
Go Toに投じた1兆数千億を検査に回して
帰省者、旅行者、仕事で県外移動する人を
無料で検査し、陰性証明を発行したほうが
よっぽど世のため人のためになったんぢゃなかろーか。
小池さんは
「この4連休、自粛して」
とムチャなこと言ってたけど
ホストだけ目の敵にしないで
ライブハウスだってラーメン屋だって
ミュージシャンや先生だって
人と接する機会の多いひとの無料PCR検査したって
良さそうなもんぢゃないか


怪しいコロナ分科会

感染症有識者会議・・・とかなんとかを解散して
今月から分科会なるものに変わったが・・・
中心人物3名はそのまま居座っていて
彼等の肩書の組織は厚労省から数十億から数百億の
補助を受けている。
そんな連中が政府の失策を正せるかとゆーと
100%無理に決まっている。
あ〜あ、オレもミュージシャンなんかに転身しないで
霞が関官僚を目指せば良かったなぁ(とゆーのはウソです)
 

▲top