Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.12.06 Friday

26兆円の中身

JUGEMテーマ:政権与党について


↑ U2「With or without you」一昨日の埼玉アリーナ


新たな経済対策

ま、解散総選挙を見据えて先手を打った付け焼刃
との見方が大方
それにしては高額過ぎやしないか

災害復興に7兆円
日米貿易協定で伸び悩む産業に7.3兆円支援
残りは小中学生にパソコン配布
年寄りの自動ブレーキ車購入支援
マイナンバーに切り替えた人に¥5000ポイント支給等々

育ち盛りの子供にパソコン買い与えるより
学校給食を充実させるほうが先ぢゃねーの!?
貧困による栄養失調だけじゃない
共働き家庭における偏食も大きな問題になっている

年寄りにクルマを与えるのもねぇ
一人身の年寄りがクルマに頼らなくても生活できる社会の実現
そっちにはアタマが働かないのね

しっかし・・・「アベノミクスを再加速」だってさ
まだそんなこと言っているのか


ヨシュア・ツリー

ARBやってた頃だ
よく聴いた
僕が熱心に聴くアルバムは大体において売れないものが多いんだが
これはムチャ売れた
プロジェクトメンバーの扇田裕太郎は観に行った
榎本高は「リアルタイムで観たから今回はいい」



12.14 イベント「豚骨ロック」Red Shoes
12.27 プロジェクトライブ 吉祥寺GB


2019.12.05 Thursday

お知らせ

お知らせ

ライブの御予約をされて返信が無い方
御迷惑をお掛けしております
お手数ですが
upta@pandars.net
に再送願います
※詳細http://pandars.net/contact.html
 


2019.12.05 Thursday

世界は悲しみに溢れている

JUGEMテーマ:LIVE


↑ 榎本スタジオで録音中の小山卓治 リッケンバッカーをチェック


中村哲さん死去

中村さんは福岡県古賀市出身
地元の学校から九大医学部に進んでおられるから
もしかすると六本松あたりですれ違っているかも知れない
僕が公務員を辞めた年にペシャワールに赴任し
以降パキスタン・アフガニスタン地域で活動
干ばつに苦しむ人々、赤痢で死んでいく子供らを救うために
朝倉市山田堰をモデルに25キロにも亘る用水路を完成させた
73歳だった
僕らの生きる場所は何と酷い世界なんだろう
合掌・・・


オリンピック予算

猪瀬直樹が都知事の時には「7000億余りのコンパクト五輪」
それが何故3兆円超えになるんだ!?
4割増しならまだ納得するが(それでも大問題だ)
4倍以上ってことは
五輪のあらゆる決定に関わっている連中全員が無能か
或いは利権目当てなのか
どっちかしかないだろう(まぁ両方だな)
何が復興五輪だ
復興を妨げているのはまさにオリンピックじゃねえか



12.14 イベント「豚骨ロック」Red Shoes
12.27 プロジェクトライブ 吉祥寺GB


2019.12.04 Wednesday

リハ開始

JUGEMテーマ:LIVE




リハは楽し

12.27プロジェクトライブのリハが始まった
このメンツで演ろうぜと決まってちょうど1年
バンドっぽくなってきたなぁ
小山卓治はボーカルにピアノにエレクトリックギターと大忙し
そして前回よりさらにコーラスが分厚くなった


12.27 プロジェクトライブ 吉祥寺GB



↑昨日の野党vs内閣府+消費者庁(vol.10) ヒドいね!



↑ 今日の会合(Vol.11)


2019.12.03 Tuesday

反社の定義

JUGEMテーマ:政権与党について


↑14枚目ソロ「Dummerung」より「Gone gone」 只今全曲試聴可http://pandars.net/news.html

反社の定義は一義的ではない?

菅が定例会見で、反社勢力の人間と見られる人物と写真を撮ったこと
に対する記者からの質問に
「招待者の個人情報だから回答しない」
「大勢と写真を撮るからいちいち憶えていない」
としたうえで
「反社会的勢力は多くの場で使われるが定義は一義的ではない」と

これに多くのメディアが即座に反応
「反社会勢力の定義」については2003年と2007年に
犯罪対策閣僚会議で閣議決定済みだ、と
2007年といえば第一次安倍内閣ぢゃないか

 

12.14 イベント「豚骨ロック」Red Shoes
12.27 プロジェクトライブ 吉祥寺GB


2019.12.02 Monday

国会も地に落ちたな

JUGEMテーマ:国会


↑ 14枚目のソロアルバムより「砂の王国」 只今全曲試聴可http://pandars.net/news.html


国会中継を観る

徹底して審議拒否を続けてきたアベ
今日の国会、ようやく出てくるもカンペ棒読み
何を質問されても同じ回答
それでも死ぬときには角栄や竹下、小渕や中曽根と同じように
美談で見送られるんだろか!?
じょーだんぢゃあない

桜の会についての世論調査が凄まじい
問題無しが2割以上
政府の説明に納得したも2割以上
政権支持率は4割以上
は?
マジ!??
 

2019.12.02 Monday

ジャパンライフという会社

JUGEMテーマ:詐欺


↑ 壁板を張り終えた 陽当たりはさらに悪化

まぁ文句言ってもね・・・東京の住居事情なんてこんなもんさ
・・・とは言うものの1ヶ月ほど太陽の恵みを受けたお陰で
「地べたで死にたい」宣言は今何処
以前のような360度パノラマ住宅を探し始めている
かと言ってタワマンはねぇ(武蔵小杉タワマン騒動はショックだった)
それにしても・・・太陽の恵みは凄い
日陰になったせいで室内の温度は日中も上がらず
いっそう厳しい冬になりそうだ
前住んでたマンションは真冬でもエアコン要らない時間帯って
結構あったんだけどねぇブツブツ・・・


ジャパンライフという会社

TVでは桜の会前年に行政指導を受けたと
まるでその前までは優良企業だったかのような言い様
創業は1975年
今年捕まった山口なにがし会長は以前マルチ商法御三家の一つ
ジェッカーチェーンの創業者でもある
豊田商事事件の頃にジャパンライフ(の違法性)も国会で問題に。
この時点で潰れているべき会社が何で?
法人税法違反で既に起訴されていた山口の代りに警察官僚を社長の座に据えたからだ
その後ジャパンライフは自民党への巨額献金と警察、消費者庁官僚の天下り受け入れで
捜査対象外となっていた(被害が拡がったのはこのせいだ)
2007年に山口の娘が社長に就任
磁器治療器を数百万の高額で売りつけ
それをレンタルすると年6%儲かるという触れ込みで
レンタルオーナー契約なる新たな詐欺事業を開始
始まったのは桜の会直後
お年寄りから巻き上げた金は今何処?
盗るだけ盗って返してないのに
何で業績悪化に陥るんだかサッパリわからないんだよな
じーさまばーさまの箪笥貯金はそのまま自民党議員にあげたってこと?
負債総額2400億だってさ

これまで審議拒否を続けてきたアベ
今日の本会議、野党はどう攻めるのか
国会中継は午後1時から
田村智子さんの追及に期待する



12.14 イベント「豚骨ロック」Red Shoes
12.27 プロジェクトライブ 吉祥寺GB


2019.12.01 Sunday

モーガン・フィッシャーのライブに行ってきた

JUGEMテーマ:音楽




モーガン・フィッシャー

英国のロックバンド Motto the Hoople、British Lionsのキーボーディスト
クィーンのサポートも一時やっていた
今年から来年にかけてモットの全米ツアーが予定されていたが
イアン・ハンターの難聴でキャンセルになってしまった
来春にはオーストラリア公演の後に日本公演も予定されていた
ん〜残念

で昨夜はモットファンのためにモーガンがヒットソングを披露してくれるという
そりゃ行くしかないのよさ
会場はモーガンさんのスタジオ兼サロン
地図は前もって貰っていたんだが降りる駅を間違え
挙句タクシーがなかなか来ず
ようやく捕まえたと思いきや列車トラブルで目の前の踏切が開かずの間に
結果大幅に遅刻してしまった
彼とは夏にセッションをやったから憶えてくれていて
遅れてきたボクをピアノの真横(一番近いところやね)にイスを置いて招き入れてくれた
うわお! 文字通りかぶりつきだわい!!
All the way from Memphis, Honaloochie boogie, Sweet Jane
Golden age of R&R, Roll away the stone ヒット曲オンパレード!
ヴィンテージのリズムマシンをバックにたった一人で演り切った
そして最後はAll the young dudesを皆で大合唱
ん〜楽しかった


Motto the Hoople

このバンドを知ったのはバッドカンパニーの1stが日本でもバカ売れした時だから
1974年だ
バッドカンパニーのギタリスト、ミック・ラルフスが以前在籍していたバンドとして
紹介された程度の認識しかなかったけど
あの頃のミュージックライフにはよく載っていたなぁ
ラルフスの後釜に入ったのがアリエル・ベンダーとモーガンだ
写真で見る限りモーガンが一番エラそうだったな
(本人に言ったら笑っていた)
この時のメンバーでアメリカツアーを廻った際の前座は売れる前のクィーン
これが縁でモーガンはクイーンの初代サポートキーボードになるも
素行の悪さをブライアン・メイに咎められツアー中に解雇(笑)
なんでもクイーンのリハは完璧に出来るまで何度も繰り返され
しかもアルコールは御法度
本番前にドンペリをラッパ飲みしているモーガンを見たブライアンが大激怒したそうである
アハハ
(その頃のプライベートショットを収めたDVD(非売品)が手元にあるんだが
若き日のブライアンやカーレースに参加するミック・ラルフスやコージー・パウエル
キース・エマーソンが映っていてなかなか面白い)
あの頃のロンドンに生まれていたらどうだったんだろう?
今よりはずっと面白かったんだろうねぇ




↑ウェンブリーで行われたフレディ追悼ライブでのイアン・ハンター
この曲はボウイがモットのために書いた曲 今ではすっかりスタンダードナンバー
今は亡きミック・ロンソンもいる
コーラスにジョー・エリオット、フィル・コリンの姿も見える

ハンターは御年80歳(!)
オリジナルメンバーのデイル・グリフィン(ドラム)は一昨年65歳で
ベースのピート”オーバーエンド”ワッツは去年69歳で亡くなった
合掌・・・
ところでモーガンはというと来年の元旦で70歳になる



↑オーバーエンドへの追悼
ハンターがロンソンとモットを去った後残されたモーガンはオーバーエンドとデイルと共に
Motto(売れるわきゃないわな)、その後British Lionsを結成 良いバンドだったと記憶しているけど
1枚で消えた




↑ピンボケしてしまったモーガン



↑ヴィンテージシンセは健在



↑エーストーン?? 英国人て物持ち良いんだなぁ・・・
 


▲top