Hisashi Shirahama Official Blog


<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.05.23 Saturday

最後の自粛週末か

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ クリス・シーリ(マンドリン)率いるパンチ・ブラザーズ


最後の自粛週末となるか

個人的にはジム、図書館の早期再開を強く望むところ。
身体と精神の両方が弱っているわい

それにしても・・・
昨日のアベは最低やったな。
何を聞いても
「法務省に聞かれたほうが・・・」
「法務大臣が決めたことで・・」
「検事総長の決定で、それを了とした云々・・」

なんだよ、コレ。
自分は何も関係ないってか

毎日ポストを覗くも今日もマスクは届かず。
安全性において全く信用出来ないうえに
今となってはそこら中で売られているから
別にいいんだが
あのちっこいマスクを意地で着けているアベの顔見ていると
無性にハラがたってくる



↑ 開花寸前のクレマチス
 

2020.05.23 Saturday

松島みどりはエライ!

JUGEMテーマ:政権与党について

松島みどりはエライ!

今日(昨日か)の衆院法務委員会だが
委員長は松島みどりさん。
2014年の法務大臣就任時、うちわが公職選挙法に抵触する恐れがあると
取り沙汰された時に、さっさと謝罪し辞任したお方だ。
あれを突っ突く野党もどうかなと思ったくらい些末な問題だった。
(だから個人的には辞任する必要などないと感じた)
あれが辞任に価するなら森まさ子は死刑だ

話逸れたがその松島さんは与党に利することなく実に公正に
委員会を仕切っているなぁと感じた。
それだけぢゃない、山尾さんが
「黒川さん何で訓告なのか? 法務大臣お答えください」の問いに
森まさ子を指名したあとについ
「その通り!」
と私見を漏らしてしまったのが画像にしっかり残っていた。
いいなぁ松島さん(笑)
彼女と石破茂は自民党の中にいて唯二信用出来るような気がする

余談だが松島さん、石破さん、それに森裕子さんはボクと同級だ。
残念なことに黒川氏、稲田検事総長も同い年。
ミュージシャンは不作だったが、次期政治リーダー候補は沢山いるな
 

2020.05.22 Friday

山尾志桜里さん、法相を追求

JUGEMテーマ:政権与党について


↑ 山尾氏の追及は52分辺りから その前の逢坂氏(24分)も併せて是非聴いて欲しい


事実認定していないのに処分を決めるってぇ!?

ヒドい政権もあったもんだ。
森まさ子はタダのお飾り大臣だから
政権の犠牲者と言えなくもないが・・・

「戦後初の定年延長人事は見事に失敗した。
ところがその判断は正しかったと言っている。
反省も出来ないあなた、またデカい失敗やらかすよ。
法相辞める以外の責任の取り方あるなら
教えてチョ」
という山尾さん最後の質問に
「責任は痛感しているが、アベがこのままやれとゆーから
信頼回復に努める」
だと。
凄まじい回答もあったもんだが
これがアベ政権のやり方(責任はあるが責任は取らない)だから
我々が民主主義を手放したくないのなら選挙で落とすしかない

それにしても後ろに控えるヤンキー先生(今は法務副大臣だ)
文科副大臣の時もガッカリしたが
「ヤンキーは実は権力に弱い」という話は本当だったんだな


ボード完成

ふぅ・・・疲れた。
マジックテープが切れていたので買いに行き
ねじ止め出来ないものを固定。
あとはケースが来るのを待つのみ




録音も同時進行

ボクが担当するギタ女アーティストからデモが届いた。
せっかくイフェクターボードが出来たから
エレクトリックセットでドカンといきたいところだが・・・
一切のエレクトリック楽器を使わずに演るのが
彼女の出発点に相応しいと思うから
エレクトリックセットはしばし封印。
新しい機材のお披露目は自分のライブでかな。
いつになるやら・・・
 


2020.05.22 Friday

失われた日常は戻ってくるのだろうか

JUGEMテーマ:自然と共に生きる




イフェクターケースを新調する

あんまり増やしたくないんだが・・・
最近録音で使用しているものを一つのケースにまとめると
以前のコンパクトな箱では到底収まらないことが判明。
よって新しいボードを作製することにした。
ケースも注文したから今月中には届く筈だ

別に大した作業でもないんだが・・
5mm厚の合板にイフェクターを裏からネジ止めして
ケーブルやら電源コードやらを繋げて、これも結束バンドで固定する。
雑な性格が災いして決して綺麗に仕上がらないんだよね、これが。
ふぅ、気がつけばもう朝か・・・
ケーブルの殆どを作り直したから12時間以上かかったわい。
残りは明日(今日か)やろう


もともとライブはあんましやらないほうだったが

こーゆー事をチマチマやっていると
ライブやりたくなってくるな。
毎年全国ツアーやってた頃が懐かしい。
もしあの頃の自分に手紙を出せるんなら
A4用紙100枚ぢゃ足りないだろうなぁ。
人生なんてそんなもんだけど


ゾンビ政権

総理大臣が600人超える弁護士から刑事告発されて
辞める気配無いってのも凄まじいな。
このモリカケスパに桜
検察官人事も真っ黒け(訓告で済ますとはどーゆーことだ!)

民主主義社会においては主権は国民にある。
半数以上の国民は理解していないようだが
アベ政権も(恐らくは)解っていない。
本来なら国民全員で国家運営すればいいんだが
そーもいかないから代表を選んで
国民の代りにやらせてるだけだ。
それも一時的に、だ。
だから代議士は
一つ:国民の意に反することをやってはいけない
一つ:全てを透明にしていつでも国民に示さねばならない
一つ:全ての事業を後に検証出来るよう完全な文書を作成し残しておくこと
以上の3つが課せられている。
この政権、一つとして守っていないぢゃないか
 

2020.05.20 Wednesday

ギターメンテナンスの日々は続く


↑ ストラトのナット:上がオリジナルの人工骨、下が人口象牙


フェンダーストラトキャスター '12のナットを交換する

PGM製のストラトと殆ど同じ改造を施しながらも
かなりキャラの違うフェンダー製ストラト。
多分ナットが影響していたのだろう。
PGMはハレ(Empty Notion)にオイル漬けの牛骨を付けて貰い
元々高価だったこともあって3本あるストラトの中で一番気に入っていた。
ビルローレンス製ストラトは下品なくらい音が暴れてくれる。
だがフェンダーのストラトだけはどうにも地味というか・・
要はPGMのサブギターとしての位置だったんだが
PGMを中年とするなら、フェンダーのは良識ある若者っぽくしようかな、と。
・・・とゆーワケでまずはナットを交換してみた



↑ 余分なツメを削る



↑ 仮着けするとネックからちょいハミ出ているのが判る



↑ ナットソー 溝をこれで適切な深さに削る



↑ 完成!


こーゆーのは自己満足とゆーか
「やって正解やったぁ!」と強く思い込まないとやってられない。
だが施術前はPGMより抜けの悪かった1〜2弦、特に3弦が激変。
弦はそのまま前のを使っているものの、こっちのほうが音がクリアになった。
要は前のナットのたて付けが悪かったか不良品だったんだろう
 

2020.05.20 Wednesday

世界も酷いな

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 開花寸前


テドロスと森まさ子は一卵性双生児か!?

台湾は唯一コロナ対策に成功した国。
WHO総会ではオブザーバー参加さえ許されなかった。
言うまでもないが中国への忖度である。
テドロスは人類の存続よりも中国の機嫌取りを優先させたわけだ

テドロスの出身国と中国の関係は近年さらに深まり
習近平はWHOに2100億もの追加出資を発表したばかり。
だからと言って人類の健康に関わる機関の長がここまで中国贔屓したらお終いだ。
しかも会議冒頭で中国賛辞とはね
 

2020.05.20 Wednesday

マイナンバーカード

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ モリー・タトル「White Freightliner Blues」

タウンズ・ヴァンザント作
兎にも角にもタウンズの作品を採り上げるアーティストは
昔も今もムチャ多い。
1944年に生まれ52歳で逝った。深刻なアルコール依存だった。
生きていればまだ76歳だ。
合掌・・・


マイナンバーカード

ボクは持っていない。
12ケタの番号なんて憶えられっこないし
なにより国の運営に対する信用なんて全く無かったから

マイナンバーカードの普及率は5年経った今なお15%に留まっている。
此度の給付金申請では
「マイナンバーカードのほうが早く受け取れる」
と発表したもんだから、役所は3密の大混乱。
おおかたコロナ禍を利用して普及率をあげようと企てたんだろう。
その試みは完全に裏目に出た。
多くの自治体で「書類が届くのを待ったほうが早い」事態に

さて、役所は従来の郵送による給付とマイナンバーカードの手続きの
両方をやらねばならなくなった。
窓口にはカード申請と、カード持ってはいるが暗証番号を忘れた年寄りが殺到。
それだけ国民は追い詰められているのだ

ちょと驚いたんだが、マイナンバーカードを作れば書類を待たずに
オンライン申請は出来るということなんだが
その申請を住民基本台帳と照らして本人確認するのは
なんと手作業なんだそう。
はぁ?
なんか出来の悪いSFコメディみたいだなぁ。
どデカいコンピューターの蓋を開けたら、中で手数の多いエイリアンが
せっせと働いているみたいな。
この欠陥だらけの最先端超アナログAIシステムに
一体どれだけ血税が遣われたんだろうか?
 

2020.05.19 Tuesday

春の長雨

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ ギター木部用のクリーナーだが・・・

ボクは指がサラッサラで、ピックが滑ってしまうので右ピックのように
滑り止めシールを両面に貼り付けていたんだが
ひょんなことからオレンジオイルを指に塗ると同様の効果が得られることを発見


マスクが未だ来ない

いくら検品したマスクでもしっかり消毒のうえ
洗濯しないととても使う気になれない。
近所の小学校に寄付しようと思っている。
どーせ学校給食で要るだろーし

遅延はマスクだけではない。
休業補償などは遅れるどころか
「手続きすら出来ない状態」
と知人がこぼしていた

だがここまで政治家を甘やかしたのは
我々国民だ(と思う)。
第二次アベ政権を早々に下野させていたら
こうはならなかった筈だ。
モリカケスパ疑惑が持ち上がっても
投票率は上がらず
違法議員を再選させた国民の責任は重い。
だから選挙に行かなかった人は
政府の無能さについて文句を言う資格は無い(と思っている)。
次の選挙では、せめて7割くらいは選挙に行って欲しいもんだ


ジムはいつ再開するのか

この自粛で筋肉量はかなり落ちた。
代謝が落ちて体重増加。
だからと言ってお年寄り3密のジムを
易々と再開すれば大悲劇が待っている。
困った・・・
 


▲top