Hisashi Shirahama Official Blog


<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.04.28 Saturday

Mean Mr. Mustard

JUGEMテーマ:音楽

 

↑ H.Shirahama project from The Beatles album "Abbey Road"

カバーされるのはこの3曲の後ゴールデンスランバーズからジ・エンドまでが多い
だが僕はこのMean Mr.Mustardはジョンの名作ベスト3だと思っている
ジョンはアルバムの穴埋めに数分で書いたんじゃないかな
ポリシーン(ポリエチレン)パムは多分数秒で書いたんだろうと思う
ポール作の「She came in through the bathroom window」についてはジョンが
「誰か知らないけど兎に角ポールの風呂場に誰かが入ってきたんだよ。
リンダじゃないの?」
とプレイボーイ・インタビューで語っていたよーな・・・
以下歌詞と訳
毎回ですが今回も全く自信がありません

Mean Mister Mustard sleeps in the park
Shaves in the dark trying to save paper
Sleeps in a hole in the road
Saving up to buy some clothes
Keeps a ten-bob note up his nose
Such a mean old man

在り来りのマスタードさんは公園で寝て
暗がりで髭を剃る
服を買うために道路の穴で暮らしているのさ
浮かした10ドル札を鼻の穴に突っ込んでいる
どこにでもいる中年さ

She came in through the bathroom window
Protected by a silver spoon
But now she sucks her thumb and wanders
By the banks of her own lagoon
Didn't anybody tell her? Didn't anybody see?
Sunday's on the phone to Monday
Tuesday's on the phone to me

彼女は浴室のドアから入り込んできた
銀のスプーンに護られていると信じているんだろう
だけど今彼女は親指をしゃぶって
大海から切り離されたちっぽけな潟の土手をうろうろしている
誰も彼女に言わなかったのか?
誰も知らなかったのか?
日曜の電話は月曜に
そして火曜の電話は僕に繋がっている


2018.04.25 Wednesday

All the children sing

JUGEMテーマ:戦争・紛争



​↑ H. Shirahama project「All the children sing」

トッド・ラングレン作
勿論トッド・バージョン
​だが完コピには全然拘っていないので(面倒くさいし)
自分流のアレンジを施している
​昨夜チビチビやりながら作ったせいか
​朝起きて観たらマララさんのPVみたくなっているなぁ
まぁいっか
​衣笠祥雄さんじゃないけど彼女と同じ時代を生きられたことを神様に感謝せんとね
​合掌・・・
 

2018.04.20 Friday

Oh, yeah !

JUGEMテーマ:音楽



​Todd Rundgren's Utopiaがとうとう再結成!
​ジャパンツアーが楽しみだ
 


2018.04.20 Friday

Cold morning light

JUGEMテーマ:音楽



↑白浜久プロジェクト「Cold morning light」

​トッド・ラングレン作 アルバム「something / anything」に収められている
以下歌詞と訳詞(イマイチ自信が無いんですが・・・)
​画像は別に他意はないです ホントです


I believe if I was all alone, I would be better off in a world my own
I'd forget I ever knew of you, and this dream every night that you put me through
We walk along a Hollywood sea, And you dance once again with me
We are close, we are friends, and our love never ends
But in the cold morning light I see that you won't be back for me
The wound you left is healing and then
It starts itching and I scratch it open again
So the pain comes out and I give in
And indulge my Imaginations, whims
We sit and drink Victorian tea
I was yours, you were mine
Our hearts bound, lost in time
But in the cold morning light I see That you won`t be back for me there can be no peace
And your face wears a smile for me
For me there can be no rest I believe though I've tried my best
I'm condemned it seems to a life of restlessness and broken dreams

もし独りぼっちだと心から信じているんなら
自分だけの世界に閉じこもっていたほうがましさ
そうなったら僕は君や君が僕を置き去りにした悪夢ごと忘れ去ってしまおう
僕らはハリウッドの海を散歩して
君は僕と一緒にもう一度ダンスをするんだ
僕らは友達以上の存在
僕らの愛は決して終わらない
だけど冷たい朝の光で分ったよ
君がもう戻ってこないということを
君が残した傷は治りつつあるけど
またかゆみが出て僕はそれを引っ掻いて傷口を拡げてしまうんだ
そして痛みがまたやってきて
夜更けが僕の困った想像や気まぐれを増長させるんだ
僕らは座ってビクトリア茶を飲んだね
君の笑顔は僕だけに向けられていた
僕は君のもので君は僕のもの
心は揺れて時間さえ忘れる
もう安らぎは無い
出来ることはやった
安らぎもなく、夢敗れ去った生活に囚われてしまったようだよ

 

2018.04.14 Saturday

荒れ模様の週末

JUGEMテーマ:音楽



​↑ H.Shirahama project「Couldn't I just tell you」

​トッド・ラングレン作のこの曲はアルバム「something / anything」に収められている
​この人のアルバムは本当に駄作が無い
​だからカバーするにも選曲がエラい大変なのだ
​なでしこの対オーストラリア戦をチラチラ見ながらこれを作っていたら
​米英仏によるシリア攻撃の速報が飛び込んできた
トッドは、ただのラブソングとして書いたのかもしれないけど
歌詞は以下
​訳にはイマイチ自信が無いっす

Keep your head and everything will be cool
You didn't have to make me feel like a fool
When I tried to say I feel the way that I do. I want to talk with you
And make it loud and clear,though you don't care to hear but

​頭をまともに働かせろよ、全てはうまく行くって
​オレのことをバカ呼ばわりすることもないじゃないか
​オレなりの伝え方をしてみたんだが
​つまりオレはアンタと話がしたいんだ
​まずそれを声高にハッキリさせよう
アンタは何も気にしちゃいないみたいだけど

Couldn't I just tell you the way I feel?
I can't keep it bottled up inside
And could we pretend that it's no big deal
And there's really nothing left to hide?

​オレが感じていることをアンタに伝えることが出来なかったのか?
そしてそれをビンにしまっておくこともできない
僕らは「大したことじゃないぜ」ってうそぶいていられるかい?
​無い事のように隠し通せるかい?

 


▲top