Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.06.06 Monday

ヘイトスピーチ

JUGEMテーマ:戦争・紛争



東京 3:00 a.m 写真は昨日ソフバンが広島にサヨナラ負けした時の東京の空
ビール半ダース呑んだところで気絶
気が付くと深夜1時を回っていた

川崎のヘイトデモはどうなったんだろう?
と調べてみたら人種差別に反対する人のいわゆる逆デモの人達の声に圧されて10m進んだところで中止
ということは起きた時にはもう終わっていたのか・・・
こうした市民運動にも機会あれば参加していかんとイカンな
ボケーッとビール呑んでいた自分が恥ずかしい

デモ主催者は「許可を取ったのにデモが出来ないのは言論弾圧だ」とメディアに語ったそうだ
日本人だけの日本を作りたいという気持ちを持つ人を否定はしないけど
日本人をどう定義するかによるんぢゃないかなぁ
皇室も高句麗だか百済の王朝と婚姻関係があったというし
そんなに自分の血を守りたいのなら志同じ人と無人島にでも行って誰とも(サルとも)交わらずに
純潔を守っていけばいいぢゃないですか
個人的には気化せずとも選挙権とかその他不利なものを(優遇措置も含め)平等にするべきではないか
・・と思っている

話変わるが次期都知事について街の声は橋下さん、東国原さん、色々出ているけど
ワシは村木厚子さんがいいんぢゃないかなぁと思っている
女性初の都知事、そろそろいいんぢゃありませんか?


「小山卓治vs白浜久」九州ツアー決定
 

2015.01.29 Thursday

ランドセル廃止党があってもいい

JUGEMテーマ:健康


2.7用の譜面をPDFにして光浩さんに送り

ドラムの打ち込みをしていたら・・・

うわお! あっという間に朝の5時ぢゃないか!

ふぅ・・・新しいコーヒーを入れよう

休憩っ!


閑話休題ジョギングしていると

時間帯によってすれ違う人種が異なる

正午頃だと小学1〜2年

その後は小学3〜4年

夕方頃は小学5〜6年

1〜2年生は自分の身体ほどのランドセルを背負ってフラフラして

3〜4年生はランドセルに入り切らない給食袋やら何やらを振り回し

5〜6年生ともなるとランドセルが窮屈そうだ

成長著しい6年間、同じ入れ物を強要する日本の教育制度って

未だに是正されないんだなぁ

イ*−@&ドーのTVCMだったかなぁ

¥36000くらいしたような・・・

!!!???

6で割ると¥6000

毎年身体に合ったリュックを買える金額だ

それも荷物の少ない日用と多い日用の2個を用意出来る

それとも同じ格好で通学させないと困ることでもあるんかなぁ・・・

まぁ平等がどーたら・・ってのも解るが

マイナス面のほうも無視出来ないくらいに大きいと思うけどな

しかも高いし

まぁ考えてみると大人になって社会に出ても

結局は不釣り合いで不便なランドセルのようなものを

ずっと背負わされているようなものだけど

それが人生というものかもしれない

話逸れるが、学生服をユニクロが作ったらかなり安く出来そうだけど

あれもガッチリと既得権益が守られていそうだなぁ


↑マーラー No.5 / カラヤン指揮 ベルリンフィル

ドイツのオーケストラがマーラーの作品を演る

ナチドイツ時代にはあり得なかった組み合わせだ

ちなみにカラヤンはオーストリア人(ナチ党員だったらしいが)

ドイツ人指揮者というと巨匠フルトヴェングラーの名が最初に浮かぶが

録音は残っていないみたいだなぁ

マーラーリバイバル最大の功績者はやっぱバーンスタインなんだろう

ウェストサイド物語を改めて聴くと

マーラーに入れ込んだ気持ちが分らなくもない

とゆーわけで相変わらず仕事部屋でも

ジョギング中でも

銀行に行く時でも

居間でくつろぐ時でも

マーラーしか聴いていない


2014.12.17 Wednesday

鬼畜以下

JUGEMテーマ:戦争・紛争

↑東京 0:00 pm 風は冷たいが心地良い冬の風景が拡がる


タリバンのやってることは

どんな理屈を山ほどくっ付けたところで

到底正当化されるものではない

政府や軍にたて突くならいざ知らず

軍関係の学校に通う子供を襲うとは

もはや鬼畜以下

アラーの神が悦ぶと心底信じているのなら(信仰とは無関係だろうな)

救いようのない連中だ


2014年もあと2週間

色々あった1年でしたが・・・

皆で健やかな年末年始を迎えよー!


2014.06.11 Wednesday

綻んできたなぁ・・

JUGEMテーマ:少子化問題
 


大阪の教育改革案

凄いなぁ

学校と少年院の間にいわゆるショックアブソーバー的機関をつくる、と

まーそーゆことらしい

まず非行のレヴェルを5段階に分けて

4と5の少年は学校から引き離してあらたに設置された教室で指導を行う

個人的には概ね賛成だが、よくよく読んでみると・・・

レベル2から既に鑑別所送りにしたほーが良さそうなんだよなぁ

(脅迫、恐喝、強盗、凶器の持ち込みって・・・)

文部省管轄の教員には保安の役割は課されていないし

向ってくる粗暴少年に力で対抗する措置も禁止されている以上

暴力的な子、触法少年、虞犯少年は法規通り家裁に送ったがいい

暴力事件の減少と反比例してDVが増えている背景には

綺麗事並べて実態から目を背けている行政の的外れな対策が在る(と思う)


子捨て

数字的には昔のほうが多かったという

違いは親がプイッといなくなっても子供が保護される確率が高かった

マンションと違って旧家屋で子供を閉じ込めることが

容易に出来なかっただけって気もするが

政府が少子化を真に憂いているのなら赤ちゃんポストの設置

これはカジノ法案より先に検討して欲しいなぁ

100年前の過疎部やアフリカの村ならいざしらず

今日日子供が餓死するなんてね(しかもオヤジ太っているし)


話逸れるが舛添さんが五輪予算見直しを発表したみたいやね

有難い

浮いた経費でまた下らないもの作って欲しくないが

奨学金制度なら復活させてもいいんぢゃなかろーか

過去50年で最も予算がかからなかった五輪を実現させれば

舛添さんの名前は世界の歴史に刻まれるだろうな

こぴっと頑張ってくりょ〜


↑ナザレス「Bad bad boy」

超ドB級バンド(勿論イギリス)

いつまで活動続けていたか知らんが少なくとも’75年までのアルバムは良く聴いていた

現シナロケの川嶋氏とモッズの前にナザレスのコピーバンドやってたくらいだ

18だった

あの頃の不良はインテリが多かったなぁ

戦前戦中派が自分等の価値観を若い世代に強要する理不尽さに刃向っていただけで

法律は遵守していたもの

今はモラルそのものが崩壊しちゃってるからなぁ



2013.02.25 Monday

奨学金


夜のTVワイドで奨学金特集

小泉政権時に奨学金の予算がかなり削られたと聞いてはいたが

現在大学生がこの制度を利用するのはおよそ50%強(今後増え続けるだろう)

卒業して社会に出た時に既に500万くらいの借金を抱えることになる

ん〜・・・

救済措置

無いものだろうか・・・

若者を大事にしない国は

必ずや滅びる

ワシはそう思っておる


ウチの愚息は国立理系になんとか現役で潜り込めたので

奨学金のお世話にならずに卒業まで漕ぎ着けた

あまりにもお金がかからなかったので

卒業後2年間の執行猶予を与えたくらいだ(ワシも大学は6年通った)

ウチのような収入ジェットコースターの家計で

奨学金に頼らなかったのは奇跡に近いかもしれない

が、奨学金という耳障りのいい名前で

結局は利息でボロ儲けしている銀行に

誰がお世話になるかい!って気持ちはあった


今日のTVでは400万借りて最終返済が600万に膨らむと言っていた

ニッポンよ、勉強したい若者をもっと大事にしてくれい!


↑Sex Pistols「アナーキーインザUK」

シドはとっくに死んだ

ドラムのポール・クックはその後のプロフェショナルズのツアー中

事故で下半身不随になった

日本の今ならカッコいいパンクバンド、出てきてもいいんだが・・

そんなバンドがあればプロデュースしてみたいなぁ


3.9 Zigy reunion

※予約受け付け中

4.30 H.Shirahama project



▲top