Hisashi Shirahama Official Blog


<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2010.07.25 Sunday

裸足の泥棒


飛行機ばかり盗んでアメリカやカナダを逃げ回ってた少年がこないだ逮捕された

随分前からファンサイトで盛り上がって映画化もされるというんでちーと興味持
ってたんだが・・・

19歳のコルトン・ムーア君

ネットで詳しく調べたらまー家庭環境はこれ以上悪くなりようがなかろうってくらい
可哀相な少年だった

7歳で家出 山中で狼少年ケン状態に

いつからかふもとに下りてくるようになって空き巣やっているうちに飛行機に興味
持ったらしい

自家用セスナを盗んでは不時着を繰り返しFBIの追跡を2年間も撒いた

昨年一度逮捕されたが移送中に逃走、これでファンサイトは一気に加熱

逃走の応援メッセージで沸いた

今回捕まったときはスピードボートで逃走中だったらしい

凄いね

写真で見るかぎりじゃボケーとしたぼっちゃんタイプだけどね

ネットでは裁判費用のカンパも開始

ファンクラブはなんと日本にもあった

イギリス人女性殺した市橋達也(だっけ?)と一緒に語るとんでもない輩もいる

コルトンは僕には生活の場を奪われた野生動物と重なる部分が多い

畑を荒らすイノシシや猿みたいなさ

ま〜痛快な話ではあるけど英雄視するのもどうかね


↑モンキーズ「I wanna be free」

60年代の自由と今とぢゃ随分違うが・・・

昔は大して意味の無い慣習や偏見、差別から逃れることで僕等は自由を
感じられた(と僕は思っている)

今の若者は既に多くの自由を手に入れているからそれ以上に何かを求めると
犯罪者になるしかない

その点においては僕はコルトンより幸運だった


2010.06.13 Sunday

白いサソリ


嫌な夢を見た

白いサソリ!

しかもしっぽは二股に分かれて毒針もしっかり倍ついている

ぼくはとゆーと踏み潰さずに近くにあった家庭用洗浄液をぶちかけて
サソリがゆっくり弱っていくのを見ている

フロイトならどう判断するだろか?

まずは根源的な欲求から疑えとゆーが・・・
(心理学のバイブルは性的欲求に満ち溢れている)

まーいい

目覚めは悪くても目覚めないよりはいい

さて

新聞紙面はワールドカップで埋め尽くされている

そん次は口蹄疫

はやぶさ関連は社会面にちーさく出てた

ライブ放送はネットのみ

おい! マジか!?

歴史的イベントぢゃないのか!!??

まーいい

マラドーナの元気なスーツ姿も見られたしな

日本代表は史上最弱と叩かれているが・・・

勝つ見込みが無いんなら・・・

カズを代表に入れても良かったんぢゃないか!?

川口がいるんならさー

北澤もせめてコーチ同行させたかった

岡田はサプライズも消極的だったな(単にカズと北澤が嫌いなだけか)

カズがあの場所に立つのは監督になった時か・・・

↑PPM「No easy walk to freedom」

僕等はこれからも清濁飲み込んで生きていかねばならない


2010.04.10 Saturday

スエーデンの面白い話

以前ちらとスエーデンネタは書いたけど・・

最近面白い記事を発見

スエーデン人ホームレスの男性が缶リサイクルで稼いだ金を投資に廻し
数億の資産を残して死んだ

生涯独り身だったそうだが当然縁戚にあたる連中が骨肉の争いを展開

死後2年経って今年ようやく解決したそうである

日本ならたとえソマリアに全財産を寄付すると遺言を残しても血縁者は
相続権を主張出来るけどあちらの法律はどうなのかな?

映画を観る限りじゃアメリカは遺言が絶対優先みたいだけどね

ところで小学校の社会で習った「揺り籠から墓場まで」の社会福祉のせいで
70年代スエーデンの10代の自殺者は世界一 麻薬による死者も世界一だった

今はどうなのかな〜

そもそも高福祉制度で何でホームレスがいるんだ!って突っ込みたくなるけど
人口比ではその数は日本の10倍以上だそーだ

これまでホームレスの人々はその国の社会制度から落ち溢れた人達だと
思っていたけど境さんと知り合ってからはかなり見方が変ってきた

自己欲求を満たす最短の方法として選択している人もいるし社会制度への
無言の批判として一切の権利を放棄した人もいる

スエーデンの彼もその一人のような気がする

が、セーフティネットさえ利用しなかった彼も一つだけ国民の権利を甘受した

王立図書館の本を読みまくったそうである(勿論無料で)

▲top