Hisashi Shirahama Official Blog


<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2018.08.01 Wednesday

再び猛暑日

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑塗装したネックを洗濯物と一緒に干す

夜露にやられないように午後8時には部屋に入れた
今は仕事部屋にぶら下がっている
明日には組み立てようかな



↑ユーライア・ヒープ ftr.イアン・アンダーソン「サーカス」

ミック・ボックス、ゲイリー・セイン、リー・カースレイク作
アルバム「Sweet freedom」の収録曲ではこれがいっちゃん好きだった
高三の春によく聴いていた
しかしまさかヒープとイアン・アンダーソンが共演とはねぇ
昔は仲悪かったと思うぞ
ワイト島ポップフェスのジェスロ・タルの演奏は凄かった
イアンの一本足奏法は今観ても感動するもんな
このビデオではトレバー・ボルダーがベース弾いているな
トレバーのベースはホンに素晴らしい
10数年前、ホテルオークラのレストランで会った時には
思わず声かけてサインねだったものな
食事中だったにもかかわらず快く書いてくれた
その数年後、2013年に癌でこの世を去った
享年62歳
ワシと6歳しか違わなかったのか・・・


↑上がウディのサイン、下がトレバーのサイン
 


2018.07.31 Tuesday

暑さで・・・

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑東京 2:00 p.m 32℃ アチ〜


ギターのネックが熔けた

暫く触ってなかったストラトのネックの塗料がベトベトに
この暑さで熔けた??


↑取り外したネック

オークブラウンの色は見事に元の色と違っていた
良い機会だから今度こそちゃんと塗り直そう



↑塗料を剥いだネック

只今日陰で塗装中
近所に業者相手の工具販売店があって
紙やすりとか塗料も売っている
普段はここで買うんだが、問題のストラトの時は
何故か別のDIY店で購入したんだった
社長さんはワシがギター用に色々買いに来るのを知っていて
何でも親切に答えてくれる

「ネックに塗ったクリアが熔けた」
と言ったら
「いんにゃ、それはあり得ない。水性でも油性ラッカーでも一度乾いたら熔けない」
とのこと
「膜が薄いほうがいいんでしょ? ならばこれがイイんぢゃない!?」
と有名メーカーのラッカークリアを勧めてくれた

帰って前に使ったスプレイを調べたら油性ニスだった
一応ア*ヒペイントなんだけどなぁブツブツ



↑ネックが外されたボディ


ワイド観ながら作業していたら何?
今度はボクシング協会??
レスリング協会、日大も未だトップが責任回避
人事刷新されず
これはスポーツ庁のトップ鈴木大地
そして文科相の林が
「補助金出さねー」と言えば即解決する問題なんとちゃうか?

安倍政権のいっちゃん悪いところが出ているなぁ
アベ自身が税金を私的に流用しているもんだから
みんな真似するんだろう
そろそろ国民も怒っていいんとちゃうか!?
 

2018.07.30 Monday

ブルーリッジというアコギメーカー

JUGEMテーマ:音楽



↑ブルーリッジ製ギターBR-180Aを試奏中 背後の「せいろ」の文字が気になるが・・・


先日の西日本豪雨災害支援ライブでシャケさんと裕太郎氏が弾いていたのが
Blueridgeというメーカーのアコースティックギター
お二人とも大絶賛するのでライブ終演後に裕太郎氏のBR-180Aを弾かせて貰った

僕のギターはエレキもアコギも殆どネックを削っているんだが
これは握った瞬間にしっくりきた
僕の手はそんなに大きいほうではないから大抵のギターは太く感じてしまうのだ
かと言って薄ければ良いというわけでもない
早い話が難しいフレーズでも難なく弾かせてくれたら
僕にとってそれが最適なネックの形状であり最高のギターとなる
(なかなか出会えないから削ったり改造したりするのよね)

音はやはりマーチンに近いのかな
ここのところずっとモーリスS-91オンリーだったせいか
中低域がガツンと出てくるように感じる
(S-91は元々ピックで弾くようには作られていない繊細至極なギターだから)
ピックアップはハイランダーで
裕太郎氏のもシャケさんのもF・Sugarの佐藤さんが調整したとのこと

見た目はマーチンD-45だが価格はD-28よりちょい安い
いま一番気になっているギターメーカーである
 

2017.10.07 Saturday

最近はこれだけでOK


​↑午後5時の東京の空 午後になって気温が上った



​↑Gibson LP Junior 60'sとFujigen Telly

トレモロアームを使いたい場合を除いてはこの2本でトラックを埋めていく

レスポールは田中一郎大先生の薦めでヴォリュームの抵抗を300Kに換えた
​それ以外はほぼフルオリジナル
ギブソン系は他にカスタムと335があるばってん
スケベな音はこれが一番やね

テリーはオリジナルからは程遠いところまで来てしまった

奥歯が痛くなりそうなくらい硬くなったリアの音やばってん
結構ヤミツキになるのよね
​アンプがプロジュニアやけん良かごたぁ

​しっかしオリジナルのテレキャスターのトーン(ストラトも)
ワシは嫌いだなぁ
数百万するオールドのトーンもやっぱ気に入らんかったからなぁ
それでもなおあの設定で売られているんだから
それなりに使い道あるんやろーけど・・・

​あるのかなぁブツブツ・・




今日のお仕事はお終いっ!
ビールを飲みながらクリフォード・ブラウン&マックス・ローチの「At Basin Street」を聴いている
​いいなぁ・・最高だなぁ
生きている歓びを感じる

​最愛のお母さんを残して逝った電通の高橋まつりさんが、このアルバムに出逢っていたら
​そして心奪われたなら、今も生きているかも知れないなぁ
​・・・なんてことがふと頭に浮かぶくらい良い作品です

 

2017.09.20 Wednesday

ギターメンテの日

JUGEMテーマ:エレクトリックギター

昨日とはうって変わって今日は涼しい1日やったばい




つい先日、田中一郎大先生に「どうもテリーのリアピックアップが、やおイカンっす」
・・とグチをこぼしたら
「デ#$%&のDP1**は良いよ」
​・・・とアドバイスくれたんで、早速S社にアクセスしたところ今は扱っておらんごたる
​近いうちに買いに行くにしても、それまで別のピックアップを装着しておくか
​意外と良い結果を生むかも知れんし・・・
​とゆーワケで気になっていたフジゲン・テリーのリアピックアップの交換に着手



↑左がこれまで装着していたDP421、ハイパワーでPAFを意識したタイプ
右がTwang King、リスキーのハレが「硬すぎるっす〜、使ってみます?」とくれたもの
コイルの巻き数が全然ちゃう
​一時期アメスタに取り付けていたけど予想通り硬すぎて外していた
これを取り付けてみよう
もしかすっと瓢箪から駒かも知れん



​↑フロント:ダンカンSTR3、リア:ディマジオTwang King

ありゃ〜!? これ、ダンカンとコイルの巻き方が逆だわ
​やり直し

ふぅ・・・
​完成
ん!? 確かに硬いけど硬すぎるってこともないな
テレキャスやけんね、パキーンて鳴ってくれたほうが燃えるばい
​ダンカンとの相性は悪かろうと思いきやDP421より良かごたる
不思議なこともあるもんだニャア
​さらに細かくチェックしていこう
もしかすっとメインに昇格か!?
 


▲top