Hisashi Shirahama Official Blog


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.04.28 Sunday

二日酔い


↑ 夜明け 東京の日の出、日没を見られる場所に住んで四半世紀


二日酔い

アイタタ・・・
昨日は久々にハレ氏と痛飲していつのまにか気絶していた
朝日を拝んでから二度寝
寝正月ならぬ寝GW



↑ ハレ氏が改造を施したフェンダージャパン・テレキャスター



↑ ディマジオ製Twang King、DP421とWilkinsonのブリッジ

ピックアップは今のままにしておいて、ブリッジは交換してみよう
その他のパーツが届くのは連休明けだな



5.17 白浜久プロジェクト2019 日々是響音元年東京編 at ShowBoat

プレイガイドにて発売中
ローソンチケット Lコード:70906
イープラス購入ページ:https://eplus.jp/sf/detail/2859260001-P0030001




詳細:http://pandars.net/news.html

白浜久プロジェクト2019Twitter:https://twitter.com/project_hs  
※プロジェクトに関する情報、動画配信は上記アドレスTwitterが最速です

 


2019.04.28 Sunday

テレキャスター




サンバーストのギターは好きだが・・・

先日、プロジェクトのリハをやった時に、高氏はサンバーストプレシジョンベース
裕太郎氏はサンバーストのテレキャスター
ボクはサンバーストのストラトキャスター
もう一本のテレキャスターもサンバースト
うわ、幾ら何でもこれぢゃ観に来て下さる方々に申し訳ないわ・・・
で、サンバースト以外のテレキャスターを探していたんだが
ハレが「今使ってないテレキャスターがあるっすよー」と
持ってきてくれた

ピックアップはフロントがDuncan59、リアDuncan Hot Tele
ブリッジはハンドメイドで、2V2Tの仕様
早速弾かせて貰ったら思いのほかハイパワーでちょとビックリしたが
かなりワシ好み
難いえばボリュームもトーンもフリクションがキツいのと
ボリュームノブの上にトーンが乗っかっているタイプは苦手
まぁハレにしたってずっと弾いてなかったってことは
何かしら気に入らないところがあったんだろう
で、「もうちょいテレキャスターらしい方向に軌道修正せえへん?」
と提案したら「元に戻せる改造なら構わないッスよー」と言ってくれたんで
5.17に向けて改造開始



↑ 相変わらず年齢不詳のハレ キッチンのテーブル(すまん!)で調整完了
 

2019.04.19 Friday

5.17リハ、明日は4.20

JUGEMテーマ:LIVE




5.20リハ初日

暁ちゃんと僕、高さん、西川くんは一緒にプレイするのは初めて
裕ちゃんと高さん、小山くんも初めて
アイデアを出し合い、各々宿題として持ち帰る
次に顔合わせるのは令和になってから







↑ このメンツで今年はひた走ります

 


2019.02.15 Friday

アンプを少々イジってみた


↑ 一昨日、修理が完了してF-Sugarから戻ってきたFender Pro-Junior

F-Sugar佐藤さんが完璧に直してくれた
これは山野楽器から直接買ったものなんだが
一昨年よりフェンダーの代理店が変わったことで
「部品の調達もままならなくなった」と、こぼしていた
その代わりに交換可能なパーツでより高スペックなものを
別ルートで仕入れて取り付けてくれた
症状は勿論直っていたが以前よりパワーが上がって
よりクリアになったように感じる

前々から真空管の熱が気になっていたので、この機会に冷却ファンを付けることにした



↑ 去年でリスキーを辞めたハレが「ノイズ無し」と薦めてくれたものと同タイプのファン



↑ 取り敢えず緊急で 空気が沢山流れるようにパネルを切り取ることになるだろう


4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421

5.17 白浜久プロジェクト2019 日々是響音元年東京編 at ShowBoat

プレイガイドにて発売中
ローソンチケット Lコード:70906
イープラス購入ページ:https://eplus.jp/sf/detail/2859260001-P0030001

詳細:http://pandars.net/news.html

 


2018.09.26 Wednesday

ブルーリッジというギター




ブルーリッジというメーカーのギターを弾きにいく

東京は終日雨がシトシト降っていたが
横浜市は東神奈川にあるブルーリッジギターのギャラリーに足を運んだ



ポール・マッカートニーが最近愛用していることで
一躍注目を浴びたアメリカのメーカーだ





シャケさんと扇田裕太郎氏が二人して「良いよ〜」と強力に勧めるから
試し弾きしに行かにゃイカンなと思いつつ猛暑に負けて早や3ヶ月・・・
ようやく涼しくなったので、いざ横浜へ!
片っ端から試奏してみた
およそ20台くらいは弾いたかなぁ・・・
都内の**バシ楽器とか*ケベとかでこれやったら
「冷やかしならよそでやって」と追い出されるところだよなぁ
アハハ

↓以下4モデルが気になったギター


↑BR-143 ボディのくびれが大きくてやや小ぶりなタイプ
ピックでガシガシ弾くと気持ち良い
僕みたいなタイプのギター弾きにはこれがいっちゃん合うのよね



↑BR-163
これが一番ダイナミクスの振れ幅が大きかったなぁ
ブリッジはオイル漬け牛骨なのだそう



↑BR-140 サスティンが凄い これ、いいなぁ・・・
シャケさんも最初これに惹かれたんだそう



↑BR-280 最高機種モデル ¥700.000なり〜・・・チーン・・
何が凄いってストロークで6本鳴らしたときと、単音で弾いた時の音量差が
殆ど感じられない



↑ギャラリーの加納さんと メンテもやっておられるがミュージシャンでもいらっしゃる
名刺には「ギター伝道師」の肩書が。
アコギにはあんまし詳しくないワシにも丁寧に説明して下さった
楽しかったぁ〜有難うございました!

とゆーワケでかなりの本数触ったんだが、どれも違った個性、弾き心地で迷う
さすがに70万円のは躊躇われるけど
同じアディロンダック・スプルースを表板に使っているBR-180Aというのが
比較的手頃な値段であるんだが、これもいいなぁブツブツ
今度はメインギターのモーリスS-91を持っていって弾き比べしてみようかなぁ

メインストリートから住宅街にちょっと入ったところにあって
個人でやっているケーキ屋さんみたいなカンジなので
一発で辿り着く確率は極めて低い(と思う)
僕は店の前を2〜3往復してようやく発見
グーグルマップ使ったんだけどなぁ・・・
以下オフィシャル↓

http://www.blueridge-japan.com/

 


▲top