Hisashi Shirahama Official Blog


<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2011.10.05 Wednesday

アインシュタインの宇宙項?


ノーベル物理学賞が発表された

宇宙の膨張の速度が加速していることを発見しての受賞だが・・

もし宇宙の大きさが一定なら星同士が引力で引付けられ

宇宙全体が潰れてしまうため

アインシュタインは引力の反発力を宇宙項と名付け計算式に加えた

ところが後にE・ハッブルが宇宙項の存在を否定

アインシュタインも自ら「生涯一の誤り」と恥じてこの世を去った

もしハッブルの説が正しければ宇宙の膨張速度は遅くなっている筈だが

実際には加速しており宇宙項の存在が再度証明された

・・・とまーこれ全て新聞の受け売りなんだけどさっ

どこまで膨張を続けるのかな〜同じ時間かけて無に戻るのかな〜

人類が外宇宙に飛び出すのはいつだろうな〜

秋が深まるとつい宇宙の神秘に心捕われます


↑ストーンズ「2000光年の彼方へ」

中一の時に買ったベスト盤に入ってたお気に入りナンバー


2011.05.15 Sunday

明けの明星

venus

今朝の東京の空

う〜ん、これだと見えないか・・金星

肉眼ではハッキリ見えたんだが

違うかな〜・・・



↑こっちはホンマモンShocking Blue「Venus」

ま〜こっちはミロのビーナスからきているんだろーけど

あ、神話だからやっぱ星からきているのか・・・

マリスカ・フェレス

音楽の神から授かった歌声

5年くらい前にガンで死んだ

驚いたことに彼等オランダ人の反日意識はムチャ強くて

マリスカもメンバーも日本を「猿が住む国」とゆーとった

日本人が一番熱心に彼等のレコード買ったんだけどね(アメリカではビーナスしか売れていない)

そもそもオランダ人てのは人種差別、白人至上主義の塊らしい

ま〜劣等感の裏返しなんだろうけど

そーいえば80年代半ばかな〜バナナラマがカバーしたの

あれもなかなか好きだった(誰か好みのコがいたんだろう)


ピアプロ

ボーカロイド

ツイッター


2011.03.03 Thursday

春の訪れ

夜の深まりと共にオリオン座が西の空に消えていく

そんな空を見上げてあ〜春が来たんだな、と思う

今日はオリオンを西に

北斗七星を北に見上げた

北極星に柄杓で水をかけているみたいなカンジ

あっちから太陽系見たらどんなかんじかね!?


今ワイン呑みながらバーンスタイン指揮の「カディッシュ」を聴いている

このテーマならストラウスの「ツアラトゥストラ」なんだろーけど

・・・

やっぱ聴くか

・・・

同じ大学に通う女の子から「ニーチェ読みなさい」と言われ・・・

ツアラトウストラはゾロアスター教の開祖のドイツ語読みであることを教えられたが

あの頃(70年代)の若い男が皆そうであるように・・・

文学よりプライオリティの高いものが沢山あったから・・・

彼女の教えを真面目に乞わなかったことが今になって悔やまれる

・・・

なんて事を書いているとやっぱストラウスより・・・

マイルスだな、と

「Kind of blue」

ん〜名盤だ!

コルトレーンもこのセッションで覚醒したんぢゃないかな

僕も覚醒中!


白浜 久project 2011 Live at LIVE GATE TOKYO@EBISU (2011 3.11)

ピアプロ

ボーカロイド

ツイッター


2010.06.19 Saturday

はやぶさ

こんなん教えて貰いました〜

http://drawr.net/show.php?id=1478887


2010.06.14 Monday

感動! 見た! 見た?


おめでとう! はやぶさ帰還!!

本体は星屑になっちゃったけどイトカワの石は無事地球に持って帰ってこられたみたい

地上では搭載カメラをなんとか地球側に向けようと最後まで奮闘していたとか

7年間60億キロの旅を地球からサポートしたJAXAスタッフの皆さん御苦労様!

そして感動を有り難う!!

JAXAに天下っている理事さんたちさよーなら〜

↑引き続きPPMの1986 Conspiracy of Hope Tourから「Blowin' in the wind」

今は亡きマリー・トラバースの熱いメッセージ

宇宙の広大さに較べてこの地球にへばりついている独裁者のなんと小さいことか



▲top