Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2012.08.13 Monday

同窓会

中洲


↑地下鉄中洲川端駅を降りて川沿いを歩く

同窓会の場所はここからすぐの場所

なつかしーな〜

昔はゴミゴミしていたけど

すっかり綺麗になってるなぁ〜

街の臭いが消えてそれはそれで寂しい気もするが・・・


同窓会

↑同窓の店Jumpにて音楽仲間が集った

懐かしいが・・・

か、髪の毛がぁ〜〜〜



※8月18日(土)Dreamboat(福岡市)にてThe ZIGY reunion Live(詳細


2012.04.22 Sunday

「カワイイ」か!?

そもそも民放番組はめったに観ない

3割はCM、本編も何度も同じシーンを繰り返すし

お笑いのつっこみも面白くも可笑しくもない

が、諸々の事情により数分間観るハメになることもたまにある

そこで若いコたちのボキャブラリーの少なさにビックリする

小学校に脳味噌置き忘れてきたのかなぁ・・・

「かわいい」と「キモい」以外の形容詞知らんのかなあ

そもそも形容詞を説明出来るコが何人いるか甚だ疑問だが

最近の風潮なんかも知らんが「カワイイ」というのはステータスであり

正義なのだ

TVはその正義で溢れかえっている

動物が出れば「カワイイ」

弁当箱見れば「かわいい」

薹の立った女優さんに無理して「かわいい」

おじさんにも「カワイイ」

海外の土産屋でタレントが「あ、これカワイイね」

「うん」

うん、てお前らが同じ評価軸で会話しているようには見えんぞ


ワシの言う「かわいい」とゆーのは

未成熟なもの、未完成なもの、滑稽なもの

それを本人が解っていない

言う側は常に上から見下ろしている

以上の条件を幾つか満たしていないと「かわいい」とはならない

女性に胸張って「どう、かわいい!?」と言われたらマトモな男なら

ふつードン引きすると思うが・・・

実はそうでもないらしい

つまり日本ほどこのロリ率の高い国は無いとゆーことなんだが(世界一だろう)

ワシはもう地球の裏側まで行ってくれってかんじ


閑話休題雨のせいでネックが反ってビビり出している

新しいギターのほうが湿度には過敏だなぁ



2010.11.02 Tuesday

ツシマヤマネコ

か・・・かわいー

耳が丸くて

しっぽがボテーとしとる


2010.10.27 Wednesday

いじめについて


小六の女の子がいじめで自殺か・・・

お父様は僕くらいの年齢だから年いって授かった子供

だからその悲しみもいっそう大きいに違いない

お母様はフィリピンの方だそう

以上がいじめの理由であったとすれば

これはもう救いようがない


思うんだがこれまでいじめた側が自殺者の遺族から訴えられ

しかも多額な賠償責任を負ったケースはあるのだろうか?


その多くは死者のことなどさっさと忘れ

のほほんと日々を過ごし

大学生活を満喫しているのではなかろーか


傷害致死と違って口や態度で相手を痛めつける方法

それも12歳未満となれば・・・

裁判で罪の認定は出来ないような気がする


だが

もし仮にいじめを行ったもの

加担したものに

傷害致死の8割くらいの賠償責任が生じたとしたら・・・


親も学校ももう少し真面目に考えるんじゃなかろーか

この事件の学校の会見はヒドかったものな〜


↑ストーンズ「Heartbreaker」

この曲で唄われた世界も酷いが

今だって大した違いはない


2010.07.24 Saturday

崖っぷちのエリー


西原理恵子さんの半生をドラマ化したやつか・・・

西原さんとゆーと僕は「恨ミシュラン」でファンに

「いけちゃんと僕」読んで(見て)童話画家としても(勿論作家としても)超一流だと思った

どこのバカが実写化しようなんて言い出したのか、兎に角あの映画の宣伝見た瞬間
めまいがした

こんなに才能無い人間が生き残っているとは日本もつくづくお人好しな国だなと

まー話戻すけどこの「崖っぷち」の番宣見てこれまた悶絶死しそうになった

西原理恵子とは無関係の、別の人生であればまーフィクションとして山田優のファンが
観ればいいぢゃないかとは思うけどさ

あ〜ヨンヒさん、帰っちゃったね〜

ノーギャラだったってさー遊覧飛行機やめてその代金の半分でもあげればよかったのに

さて親玉のキムくんだがムッソリーニやチャウチェスク、サダムのような死に方はしないだろ

タン同様この世界においてはメインキャストではないから

だからこそ民の苦しみもまた永く・・・


↑メリー・ホプキン「ケ・セラセラ」

フランス語だと思ってたけどスペイン語だってさ

「ま、人生そんなものよ」

不謹慎だがこの言葉、大好きなんだ

そー言えばメリー・ホプキンの1stシングルはアップルからリリースされた

ポール作「Good by」(レノン/マッカートニーとなってたけど)

最初の旦那はトニー・ビスコンティ

60年代後半僕は小学生だったからな〜

もし生まれ変われるなら60年代末のロンドンを17〜8歳で歩きたい


▲top