Hisashi Shirahama said

ここは白浜 久のブログです。
好ましくない書き込みは削除されます。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.04.14 Friday

リハ、厳木はやっと春

JUGEMテーマ:LIVE



4月13日 厳木 晴れ

仁井まさお氏と鷲谷英史氏がやってきた
4月23日に行う「Live at みどり屋食堂」のリハーサルのためだ
ワシも何曲か参加する
仁井さんはワーナーからデビューする前は鷲谷氏とずっと
バンド形式でやっていたこともあり
今でもちょくちょくスタジオに入っているとか
お二人とは照和時代からの知り合いだから
もう40年以上のお付き合い(ワシが後輩)

チケットはみどり屋の定員を既に超えて
瞬時にソールドアウトだったのでここでは告知はしなかったんだが
22日には来ないで23日のほうを聴きにくるとゆー
白浜ファンがおられるらしい(コラァ!)
ん〜SNSだけではやっぱ告知が行き届かないようぢゃのぅ
それともシンガーのバックをやるワシは観たいが
やかましい白浜プロジェクトは聴きたくないとか!?
機会があったら理由を訊いてみよう

リハーサルは順調、かなりの曲数だったんできっちり譜面にした
あとは当日リハのみ
およそ3〜4時間の音合わせで酒会に突入
ドライバーの鷲谷氏はずっとノンアルコールビールで機嫌悪し
明日が早いとのことで宿泊はせずに20時に下山
お疲れ様でしたぁ

譜面起こしに忙しく写真を撮るのを忘れとった



あれ?? ホークス連敗
これで3カード連続負け越し


4月23日(日)仁井まさお Solo Live at みどり屋食堂
with 白浜久(G)、鷲谷英史(B)




4月14日 厳木 晴れ


午前3時 悪魔たちと天使が共存出来る時間帯だ
酔って一度は布団に入ったんだが目が覚めてしまった
熊本震災からちょうど1年になる
合掌・・・

ジョー・コッカーのアルバム「Stingray」を聴きながら文字を打っている
バックはエリック・ゲイル、コーネル・デュプリー、ゴードン・エドワーズ
それにリチャード・ティーにスティ−ブ・ガッド(だったと思う)
あの頃最もギャラの高い(多分)Stuffとゆーセッションバンドと共に作られた
(もう一人のメンバー、クリス・パーカーは参加していなかったと記憶している)
今聴くとさすがに古色蒼然という気がしないでもないけど
それでも素晴らしいアルバムであることに変わりはない
ワシのお気に入りはMoon Dewという曲
アレンジが古くてもジョーのボーカルは時代を超えて心に突き刺さってくる

そー言えばワシはコーネルさんとは札幌で、ガッドさんとは東京で会った
会ったと言ってもとても気軽に話しかける状況ぢゃなかったから
ちょと離れたところから「サインほしいなぁブツブツ・・」みたいなカンジだった

最近の事だが、ブライアン・ウィルソンがビーチボーイズで来日した時に
某アイドルバンドのメンバーが(神様の)肩に腕を回している写真を観たけど
ブライアン・ウィルソンの偉大さを僅かでも知っていれば
あんな馴れ馴れしい態度は取れなかったんぢゃないかと思う
無知というのは恐ろしいな
刑法上では「知らぬは罪にあらず」になってしまうが
あのショットを観たときは「責任者出せ!」とゆー気分だった
まぁそんなことをいちいち気にしているのは
この日本でワシ一人かも知れないけど

腸に出来たポリープが見つかってからというもの
ダイエットが上手くいかない
深夜や明け方にパッと目が覚めて眠れなくなると
スナックをポリポリ齧りながらワインやビールを飲んで
ボケーとチェット・ベイカーやジェリー・マリガンなんかを聴いている
大体が明け方になるまで眠気は訪れてくれない

村上春樹氏がエッセイで
「健康が才能を呼び込むことはあっても才能が健康を呼び込むことは無い」
みたいな主旨のことを語っていた
確かにそうだ
ワシは生まれてこのかた病気とゆーと風邪以外には
13の時の虫垂炎のみ
入院もその時だけ
健康だけが取り柄だったのになぁ・・・
人生二度目の入院もおよそ1週間とのこと
これが人生最後になると有難いんだが
そんなに都合の良い話は無いやろーね
はがいいばい!



4.22 H.Shirahama project Live at Cavern Beat
 

2017.03.27 Monday

リハーサルは順調

JUGEMテーマ:LIVE



3月25日 地獄の特訓 prt2 in 厳木

ギターの松永浩氏を入れての初リハ
ワシは彼のステージを何度か見ているが
福田小日向両氏は音合わせは勿論彼の演奏を聴くのも初めて
セッションしてみて相性が悪ければ
プロジェクトメンバーを一から考え直す可能性もある
本番まで1ヶ月を切っているからタイムリミットはとうに過ぎているんだが
生理的にダメな人間が一人でもいたらバンドは成り立たない

でもまぁ上手くいくんじゃないかという根拠のない確信はあった
なんたって松永クンはメジャーデビューも果たしているし
現在なお活躍中のアーティストで彼を指名する人間も少なくない
で、結論から言うとワシの目論見は当たった
福田小日向リズム隊もニッコニコ
このメンバーで4.22ステージに立つ
「いつまでも同窓会やってるんぢゃない!」
と叱って下さるファンの方に対してキッチリ回答せにゃいけんから
地獄の特訓はこれからも続きます

閑話休題ベース兼シェフの福田昭彦は大忙し
今日のメニューは鶏でダシをとった鍋と刺身
これがあるけん厳しい練習にも耐えられる
う・・うまあい
シャーワセ
地獄のリハはワシとて皆と同じ
くたびれ果てて写真どころぢゃなかった
よって今回も絵は無し

この味を知りたい人は是非ともみどり屋食堂で体験してくだせー
正午のランチはかなり混んでいるけど
夕方5時以降でも定食は食べられるし
なんといっても
「美味しくて真っ当なものを食べさせたい」
という空気が店中に溢れているけんね

ところで昨日大腸ポリープの再検査の帰りに昼食を
みどり屋食堂でとったんだが
人気のゴマブリ定食はあっという間に売り切れて(残念!)
代りにミックスフライ定食大盛りを注文
(検査の結果が芳しくなかったけんヤケ食いぢゃ!)


↑これで¥680!
ワシのライブはこの5倍くらいの値段だから
聴きに来てくれたみんなを5倍幸せにしなくてはいけない
そう思うとプレッシャーではあるんだが
食欲と同時に勇気も湧いてきた

3月26日 地獄の特訓4日目

朝練をやって午後二時に解散
その後テリー(ヒロノのだ)の改造に着手
フレットがかなりヤバいなぁ、Riskyハレさんに今度診て貰わにゃいかんばい
ディマジオTwang King(これもハレさんちから来た)が盛大にハウるので
GOTOに交換、これなかなか良いでないの
4.22に使えそうだ
フェンダーアメスタ、やっぱ腐っても鯛は鯛ってやつかねぇ


↑元々のピックアップNoizeless


↑取り換え終了


↑弦はやっぱこれやね!


↑フレットがメチャクチャやった
比較的高くて太めのタイプだったから擦り合わせでかなり改善された

3月27日 厳木 雹が降った



病理検査の詳細を訊くため下山
60年も生きとうと色々あるばい





4.22 H.Shirahama project Live at Cavern Beat


2017.03.13 Monday

元気な若者が世界を明るくする

JUGEMテーマ:LIVE

 

厳木 3:00 P.M 曇り 暗くて寒い冬に逆戻りしたような空模様

 

福島復興支援Tシャツのモデルをボランティアでやってくれた廣野未咲希さん

中学生だった彼女も今年高校を卒業し進学することになった

よって芸能活動からも卒業

昨日は彼女の卒業ライブ

ワシは打ち合わせ等で観ることは叶わず(ゴメンちゃい)

お詫びに昨日の模様をアップ

18歳かぁ・・・

ワシは川嶋氏(シナロケ)のハードロックバンドに参加し

フォーク喫茶「照和」に出ていた頃だなぁ

なにはともあれ

 

おめでとうございます!

 

元気な女の子は世界を明るく照らす

 

↑3.4 Rocker meets Pecorossを終えてみどり屋食堂で未咲希ちゃんと

うらやましかろー!?

 

 

4.22 H.Shirahama project Live at Cavern Beat

 


2017.03.06 Monday

ライブ終了!

JUGEMテーマ:LIVE

3月4日 みどり屋食堂2周年記念ライブ「Rocker Meets Pecoross」

終了しましたぁ〜
 


↑ライブ終えて岡野さんと

一部:白浜久
「悲しみのジェットプレイン」
「フール・ストップ・ザ・レイン」
「ピアノマン」
「サーカス」
「スターマン」
「シー・エミリー・プレイ」
「フォーエバーヤング」


↑リハ中


↑本番ちう
今回はステージの後ろにもお客さんを入れた(我々の控室兼用)

2部:岡野雄一(w 白浜久)


↑リハーサル


↑まだまだリハ中


↑まーだまーだリハ

本番の写真は・・・ありません



↑お疲れ様でした
ステージ後ろに陣取っていた方々とフクダ、岡野さんとワシ


3月5日 佐賀呼子はイカの産地

みどり屋食堂主の福田昭彦氏が「呼子にイカ食いにいこー」とゆーので
行ってきた
厳木より1時間くらいの呼子はイカが有名
・・にしてはこれまで一度も食したことないな
フクダ氏行きつけの有名店は観光客が芋洗い状態
別の店に・・・ところがここも(予想はしていたが)2時間待ち
まぁどこもかしこもイカ専門店ばかりやけんね
空いている店はすぐに見つかった


↑イカの活造り 動画ならば動いているのが分るんだが

う・・うまあい!
残った身は天ぷらにいてくれる
こげん新鮮なイカは普段食えんからねぇ
これからどげんしょー

3月6日 のんびりと・・・

昨日はフクダ氏を博多まで送り返すついでにギターパーツの買い付け


↑フェンダープレシジョン(フクダ氏所有)の回路 気に入らん!


↑トーンポット、コンデンサーを交換


↑麓のスーパーが改築されていた!
小山卓治もぶっ飛んだレジ打ちの神様Yさんはいるかな・・・いた!
レジ打ち選手権があればまず間違いなくYさんは世界一の栄冠を手に入れるだろう
これからも宜しく!

4.22 H.Shirahama project Live at Cavern Beat (Fukuoka)

 

2017.02.16 Thursday

ライブの準備

JUGEMテーマ:LIVE


​東京 1:00 p.m 快晴 無風 外気温やや低い

あと2週間余りで博多ライブ
今回は岡野雄一さんがメインなので、​ワシは昨年のリストをガラリと変えて
60年代カバーを中心に演る予定
​時にオリジナルよか楽しく感じる(世界は名曲に溢れている)


​↑ループを使ってソロも弾くからアコギにオーバードライブ(ハレ製作)をかませる


閑話休題頸椎ヘルニア対策に麺棒つかって飛び出した軟骨をグイグイ戻していたら
手の痺れは良くなったが首痛が悪化した(というより痛みの部位が移った)
​ライブリハはまぁそんなにアタマ使わないから大丈夫なんだが
​次作の録音が一歩も進まない

こーゆー時って何故か季節外れのものが食べたくなる
多分身体も脳も「痛いの我慢しているんだから美味いもんでも食わせろ」と要求しているんだろう

ま、あと2週間もすれば博多で美味しい魚が食べられるから我慢我慢
(みどり屋の胡麻ブリ定食は絶品)

最近知ったんだが刺身をわさび醤油で食べるのは江戸末期になってからとか
昔は酢に辛子で食していたんだそうである
それが江戸中期頃醤油が比較的安価に出回るようになり
​酢醤油と辛子、醤油と辛子と変化してワサビ&醤油が全国で定着したとかなんとか

「初鰹 銭と辛子で涙かな」

とゆー川柳があったくらいだから、昔は辛子が定番の薬味だったんだな
今度やってみようかな

そーいえば子供の頃、夏休みも冬休みも(時に春も)宮崎の漁師町に預けられていて​
​地元の漁師さんにしょっちゅう漁に連れて行って貰ったもんだが
記憶ではカツオは一年通じて獲れていた
​だから初鰹が初夏という一般常識がずっと受け入れられなかった
カツオにも回遊しない種類があるんかいな!?


3月4日(土)「Rocker meets Pecoross ~ ペコロスに会いに行こう!」at みどり屋食堂
​出演:白浜久、岡野雄一
​4月22日(土)白浜久プロジェクト・エレクトリックセット at Cavern Beat


 


▲top