Hisashi Shirahama Official Blog

ここは白浜 久のブログです。
犯罪的書き込み、好ましくない発言は削除されます。
御了承の上、御入室下さい。

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2017.03.13 Monday

元気な若者が世界を明るくする

JUGEMテーマ:LIVE

 

厳木 3:00 P.M 曇り 暗くて寒い冬に逆戻りしたような空模様

 

福島復興支援Tシャツのモデルをボランティアでやってくれた廣野未咲希さん

中学生だった彼女も今年高校を卒業し進学することになった

よって芸能活動からも卒業

昨日は彼女の卒業ライブ

ワシは打ち合わせ等で観ることは叶わず(ゴメンちゃい)

お詫びに昨日の模様をアップ

18歳かぁ・・・

ワシは川嶋氏(シナロケ)のハードロックバンドに参加し

フォーク喫茶「照和」に出ていた頃だなぁ

なにはともあれ

 

おめでとうございます!

 

元気な女の子は世界を明るく照らす

 

↑3.4 Rocker meets Pecorossを終えてみどり屋食堂で未咲希ちゃんと

うらやましかろー!?

 

 

4.22 H.Shirahama project Live at Cavern Beat

 


2017.03.06 Monday

ライブ終了!

JUGEMテーマ:LIVE

3月4日 みどり屋食堂2周年記念ライブ「Rocker Meets Pecoross」

終了しましたぁ〜
 


↑ライブ終えて岡野さんと

一部:白浜久
「悲しみのジェットプレイン」
「フール・ストップ・ザ・レイン」
「ピアノマン」
「サーカス」
「スターマン」
「シー・エミリー・プレイ」
「フォーエバーヤング」


↑リハ中


↑本番ちう
今回はステージの後ろにもお客さんを入れた(我々の控室兼用)

2部:岡野雄一(w 白浜久)


↑リハーサル


↑まだまだリハ中


↑まーだまーだリハ

本番の写真は・・・ありません



↑お疲れ様でした
ステージ後ろに陣取っていた方々とフクダ、岡野さんとワシ


3月5日 佐賀呼子はイカの産地

みどり屋食堂主の福田昭彦氏が「呼子にイカ食いにいこー」とゆーので
行ってきた
厳木より1時間くらいの呼子はイカが有名
・・にしてはこれまで一度も食したことないな
フクダ氏行きつけの有名店は観光客が芋洗い状態
別の店に・・・ところがここも(予想はしていたが)2時間待ち
まぁどこもかしこもイカ専門店ばかりやけんね
空いている店はすぐに見つかった


↑イカの活造り 動画ならば動いているのが分るんだが

う・・うまあい!
残った身は天ぷらにいてくれる
こげん新鮮なイカは普段食えんからねぇ
これからどげんしょー

3月6日 のんびりと・・・

昨日はフクダ氏を博多まで送り返すついでにギターパーツの買い付け


↑フェンダープレシジョン(フクダ氏所有)の回路 気に入らん!


↑トーンポット、コンデンサーを交換


↑麓のスーパーが改築されていた!
小山卓治もぶっ飛んだレジ打ちの神様Yさんはいるかな・・・いた!
レジ打ち選手権があればまず間違いなくYさんは世界一の栄冠を手に入れるだろう
これからも宜しく!

4.22 H.Shirahama project Live at Cavern Beat (Fukuoka)

 

2017.02.16 Thursday

ライブの準備

JUGEMテーマ:LIVE


​東京 1:00 p.m 快晴 無風 外気温やや低い

あと2週間余りで博多ライブ
今回は岡野雄一さんがメインなので、​ワシは昨年のリストをガラリと変えて
60年代カバーを中心に演る予定
​時にオリジナルよか楽しく感じる(世界は名曲に溢れている)


​↑ループを使ってソロも弾くからアコギにオーバードライブ(ハレ製作)をかませる


閑話休題頸椎ヘルニア対策に麺棒つかって飛び出した軟骨をグイグイ戻していたら
手の痺れは良くなったが首痛が悪化した(というより痛みの部位が移った)
​ライブリハはまぁそんなにアタマ使わないから大丈夫なんだが
​次作の録音が一歩も進まない

こーゆー時って何故か季節外れのものが食べたくなる
多分身体も脳も「痛いの我慢しているんだから美味いもんでも食わせろ」と要求しているんだろう

ま、あと2週間もすれば博多で美味しい魚が食べられるから我慢我慢
(みどり屋の胡麻ブリ定食は絶品)

最近知ったんだが刺身をわさび醤油で食べるのは江戸末期になってからとか
昔は酢に辛子で食していたんだそうである
それが江戸中期頃醤油が比較的安価に出回るようになり
​酢醤油と辛子、醤油と辛子と変化してワサビ&醤油が全国で定着したとかなんとか

「初鰹 銭と辛子で涙かな」

とゆー川柳があったくらいだから、昔は辛子が定番の薬味だったんだな
今度やってみようかな

そーいえば子供の頃、夏休みも冬休みも(時に春も)宮崎の漁師町に預けられていて​
​地元の漁師さんにしょっちゅう漁に連れて行って貰ったもんだが
記憶ではカツオは一年通じて獲れていた
​だから初鰹が初夏という一般常識がずっと受け入れられなかった
カツオにも回遊しない種類があるんかいな!?


3月4日(土)「Rocker meets Pecoross ~ ペコロスに会いに行こう!」at みどり屋食堂
​出演:白浜久、岡野雄一
​4月22日(土)白浜久プロジェクト・エレクトリックセット at Cavern Beat


 


2016.12.18 Sunday

ライブはやっぱいいね!

JUGEMテーマ:LIVE


東京 5:00p.m 晴れ

​昨日は「田中一郎謳い納め at Showboat」に行ってきた
​途中休憩を挟んでの5時間3ステージ
​50曲余りを一人で演る
お客さんのほうも「これを観ないと2016年が締まらない」
みたいな意気込みで参加しているから
ステージだけではなく客席のほうも熱源になって
ボルテージが上がっていく
​ワシは最後尾で立って観ていたんだが寄る年波ってヤツで
さすがに膝が笑い出したので途中抜けし
​Riskyのハレ(も近年骨折している)と近所の飲み屋でガソリンを入れ直し
3ステージ目に復帰
​ちょうど「Bad News」が始まったところだった
ワシも一月前に福島は南相馬で演って、その時
​「来年は田中一郎の首に縄つけて連れてくるけんのー」
​と福島ARBキッズ達に(勝手に)約束したんだが
​来年果たせるといいな

最近博多でライブやる時にはオープニングアクトを起用することにしているんだが
若いアーティストは​1時間以上のライブがもの凄く苦手だ
20分前後のライブばかりやっていてはそうなるのも無理はない
​そうした若い子達にこそ是が非でも観て欲しいライブだった



​↑フジゲン製テレキャスターの純正ブリッジにGotohのブラスのサドルをつけている
​弦通しの穴を拡げてコンパウンド仕上げをしている


↑田中一郎大先生が奨めるフェンダー純正のブリッジプレート

「試しに換えてみる?」と仰るので「是非!」とゆーことで
1個だけ余っていたというプレートを頂いた
​正月明けにピックアップと共に交換予定
楽しみだ
​そのピックアップ、何にするかは未だ決まっていないんだけど(-_-;)
 

2016.11.14 Monday

Live at Back Beat

JUGEMテーマ:LIVE






▲top