Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.12.30 Friday

あと2日

JUGEMテーマ:師走を走る



​東京 2:00 p.m 快晴 写真は昨日の夕日が富士山に沈むところ
​予想に反して昨日は極寒、今日は比較的暖かく絶好の大掃除日和
​写真に写っている電線、地下ケーブルにする計画があるようだが
​地域、とりわけ個人住宅のソーラー化が進めばそういった工事も
​年度末の予算使い切り事業に利用されるんだろうから
​当分このままにしてほしいもんだ
​昭和っぽくて好きなんだけど、電信柱

​ロシアのアルコール中毒死事件を聞いて以来、ウォッカどころかビールも飲んでいない
しかし凄いな、ロシア人
​昔、不凍液入りワインが摘発されたこともあったけど
(実際安ワインに混ぜると美味しくなるという噂もあった)
​朝日には
「バヤリシュニク(ローション)を水割りにするとウォッカより美味」
と書いてあったな
そしてバカ安とくれば低所得者が被害に遭うのは当たり前
ところが今回の一件でちょと驚いたのはコロンやらの容器がカッコいいから
​若者が携帯用酒瓶として持ち歩いていたというところ
​中身を真っ当な酒に入れ替えることはしないのかぁ、ロシア人
亡くなった80名近くの人、入院中の重症患者の多くはバヤリスク(原料エタノール)
​・・のバチモン(こっちはメタノール)を飲んで被害に遭ったとかなんとか。
​その昔、小学校のセンセーに
「メチルは目ぇ散るで飲んだら失明するばい」
と教えられたことを思い出した
​イルクーツクは極寒ゆえにアルコール摂取で体温を上げる必要はあるだろう
​ローション、コロンの他にも殺虫剤、接着剤、ワックス
靴墨をバター代わりにパンに塗る人もいるとかなんとか(オエ〜ッ)
う〜ん・・・ワシはロシア人にはなれそうもない

閑話休題昨日某番組で清原和博のロングインタビュー
​録画をじっくり見た(最近はCMがうざいので観たい地上波は録画)
​捕まる前のあの反社会的なファッションはひとまず封印した様子
​死ぬまで誘惑と闘い続けなければならないと言っていたが
​彼のように体質がアルコールや薬物摂取に適しているとホント大変なのだろう
​個人的には彼にまた野球界のどこかで活躍して貰いたいな
もともと好きな選手だったし。
(​愚息がまだちーさい時に西武球場に野茂対決見せに連れて行った覚えがあるな)
​長嶋茂雄に一番近いところにいた選手だったような気もするんだが・・・
人生は長く厳しい
「死ぬときにはプラマイゼロ」なんて格言めいた言分も聞くけど
​そうありたいもんだ



セロニアス・モンク「Don't blame me」’66デンマーク公演
​タイトルの割には茶目っ気のあるプレイだ(と思う)
​何故こうまでもモンクの音楽に惹かれるのか、ずっと疑問だった
​最初聴いたときはリズムも音使いも間違っているんぢゃないかと思ったくらいだ
​とどのつまりモンクの音楽は解くことの出来ないパズルなのだろう
マイルスやコルトレーンなら人にその特徴を口頭で伝えることは出来る(多分)
​モンクの説明は殆ど無理のような気がする
​敢えて言うならば
「厳木スタジオで一人ワインを飲みながら聴いていると無性に街明りが恋しくなる」
といったところか(難しいなぁ)
彼は死後の評価のほうがずっと高いアーティストだから、魂が永遠に続くものならば
プラマイゼロの人生と言えなくもない
 

2016.12.25 Sunday

大掃除

JUGEMテーマ:師走を走る



​東京 4:00 p.m 晴れ 風は無いが昨日までの陽気に比べるとかなり寒い

今日は国民行事クリスマス本番だが
​生来の甘物嫌いに加えて無宗教なもんだから
​ケーキを食べるワケでもないし
とりたてて何をやるわけでもない
​これがケーキではなくごぼう天うどんとか
トンコツラーメンで神を祝福するんだったら
進んで参加するんだろうけど
まぁソンな性格ではある

閑話休題​風邪の具合も良くなってきたんで
​朝っぱらから仕事部屋の大掃除に着手
先ほど終わった
​まず機材を部屋から出して奥に溜まった埃を雑巾で拭き上げて
要らなくなった書類等をゴミ袋に叩き込んで
今年一度も使用しなかったものを倉庫に移し
代りに来年使いそうな機器を倉庫から持ってきた

​モニターの位置も変えてみた
​これまで窓を塞いでいたサブウーファー(低音用ユニット)を
パソコンデスクの下に設置(写真参照)
​もともとサブウーファーというのは部屋の何処に置いても良いことになっているので
​邪魔にならない場所を見つけそこに押し込んだわけだ
​これにより太陽光が随分と入るようになった


​↑11月12日のLive in南相馬でのTシャツ売上から今年最後の寄付
​Last Fightメンバーはさらに5万円を福島こども基金に
​ライブ会場限定物販売上の一部を熊本に寄付
お疲れ様でした!



↑エルビス・コステロ「She」

She maybe the face I can't forget
The trace of pleasure or regret
Maybe my treasure or the price I have to pay
She maybe the song that summer sings
Maybe the chill that autumn brings
Maybe a hundred different things
Within the measure of a day

​決して忘れることのない彼女の顔
​悦びも後悔も彼女を輝かせている
僕が支払う宝物だろうか!?それとも代償だろうか!?
多分彼女は真夏の歌
多分彼女は秋の微風
多分一日のうちに起る沢山の出来事
それが彼女


シャルル・アズナブールが英TVドラマのテーマソングのために書いた曲
​1974年イギリスでNo.1の大ヒット
ジュリア・ロバーツとヒュー・グラントの映画「ノッティングヒルの恋人」でリバイバルヒットした
昨日ケーブルを付けたらちょうどこの映画やっていたんだよね

 

2016.12.23 Friday

あと1週間余り

JUGEMテーマ:師走を走る



​東京 3:00 p.m 晴れ 暖かい 今日はエアコン要らず

熱は下がった(咳は止まらず)
こんな日はジョギングで体中の汗を絞り出したいところだが
・・・やめとこう


↑フジゲン製テリーとフェンダーMXストラトキャスター
​アメリカのTVドラマ「NCIS:L.A」24時間一挙放送を観ながらメンテナンス中
​来年はこの2本に頑張って貰わにゃ!


​↑サドル(弦を乗せているコマ)に溝を切って弦が演奏中にズレないようにする
​2弦と3弦の間隔を正すためにもうちょい加工が必要
その後に細かいキズを落として完成
​寝込むほどの体調ではないのでこの機にやっておこう
​田中一郎大先生に頂いたブリッジプレートは由緒正しいフェンダー製
角がささくれ立っているけど何故か痛くないのよね



​バッファロースプリングフィールド「Mr. Soul」

ステファン・スティルスとニール・ヤングが競い合って多くの名曲を生んだバンド
その後Pocoを結成したリッチー・フューレイ、ジム・メッシーナも在籍していた
​ワシより若い世代の人達にとって憧れのアメリカのバンドというと
キッス、エアロあたりだろうか
​中学の時に夢中になったシカゴ、グランドファンクは今でも聴くが
​襟を正して聴くアメリカンバンドというとCCRとこのバッファローだ
​何故かというとワシが生まれて大学に入るまでの間
ずっと(特に基地周辺に住んでいる人にとって)重たい影を落としていたベトナム戦争と
強く結びついているからだ
​小学生の頃は板付(現福岡空港)から飛び立つ迷彩色のファントムがカッコ良く見えたものだが
​九大校舎に突き刺さった時にはさすがに身の危険を感じた
この二大バンドもクラシックロックとかオールドロックとか呼ばれているみたいだが
​映画のエンディングロールで使用される楽曲を多く提供しているのもまたこの二つぢゃないかなぁ
 

2015.12.31 Thursday

大晦日

JUGEMテーマ:師走を走る

東京 2:00 p:m 晴れ

久々の朝寝坊

昨日の小山卓治氏の2015締め括りライブは

楽しかった

新しい仲間との出会い

忘年会(今年4度目だ)

ちと頭痛が残っているが・・・

楽しかった

↑リハーサル風景 四谷Monoにて

Monoは東京五輪の再開発地域に引っ掛かっており

昨日で閉店だそうだ(え? 四谷のド真ん中だよ!?)

これについては色々言いたいこともあるが

まぁ来年にでも


↑昨日から使い始めたダダリオのチューナー

以前使っていたKorgのは外れ易かったため2個大破させた

これはホールドがしっかりしていて

しかもギター外観を殆ど損ねない

挙句に安い(茶水で飛び込んだ楽器屋で¥2480)


↑またまた頂いたチロルチョコ 今回はスプリングスティーン!


良いお年を!!

from H.Shirahama


2015.12.29 Tuesday

残すところ・・

JUGEMテーマ:師走を走る

東京 10:00 a.m 快晴 自宅西側通路から撮った富士山


日韓外相会談

どっちもアメリカに逆らうほど根性ないからあっさり決着するとは思っていたが

「これにより一件落着」の文字は盛り込まれず

いずれまた再燃するだろうと思うな

90年代だったか吉田証言をそのまま記事にして大騒ぎした朝日記者

植村なんとかさんとかゆーたな(今度は韓国系大学の教授になるとかかんとか)

識者が異を唱えていたにも関わらずアッサリ騙された(ワシもその一人だ)

このたちの悪い熱病のように国内で起った日本政府批判

韓国が蒸し返してもまぁ一方的に責められないわな(と思う)

(よりによってそーゆー時に限って外交音痴の野党が第一党なんだよな)

・・てな事を書くと右からも左からも色々言われそうだが

反論は御自分のサイトでどうぞ


ん〜暮も押し迫ると思考回路もショート寸前支離滅裂だぁ!


閑話休題昨日の「赤めだか」(立川談志物語)面白かった

二宮クン、演技巧いなぁ・・落語はヘタだけど

釣りバカに出てたコも上手い

若手の良い役者がどんどん出てきているんだなぁ


いよいよ明日
小山卓治 New Days“092” -2015 FINAL

数曲ギター参加します(ちょこっと唄います)
12月30日(水)四谷 Live House mono  開場 16:30 開演 17:00


▲top