Hisashi Shirahama Official Blog


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2013.08.12 Monday

同窓会


うぅ・・激しい二日酔い

昨年に続き今年も同窓会

会場はやはり同窓の曽我チャンの店「Jump」

中洲の人形小路入口にある生演奏をバックに歌える店

…と言っても今回知っている人が少ないなぁ

え? 先輩?

なんじゃとて!?

でもまぁ10代終わりから20代前半の

あのヒリヒリした時代を共有したのだから

同窓と言えなくもない


↑最後まで残った元気者


↑な、なんだぁ? 「銀座の恋の物語」か!?


↑高校時代いっちゃん上手かったバンドEast Westのコーイチ、フクダ、フルキン(L to R)

と紅一点ケイカとワシ

あれから40年か、早いなぁ


10.5 小山卓治×白浜久



2013.03.19 Tuesday

56になった

♪18を過ぎて〜

・・・とゆー歌を作ったのが25の時

発売されたのが29の時

40の時に他のアーティストにカバーされた

今日(昨日か)56になってまだまだだな、と思う


(株)スタッフで社長谷村さんとタイフェスのミーティング

今日(だから昨日だ)は悪友フクダのタイ料理の知識と経験をフェスに生かせないか

・・・が主な主題だったんだが

元々このお二人は中学の先輩後輩の仲だったことが判明

世の中狭い


これでまたぐっとタイフェス in 福岡の実現が近づいたような気がする


↑ミーティング終えて近くの沖縄料理店に行く

写真はモズクの天ぷら

お〜今放映されてるNHK朝ドラで紹介されたモズク天ぷらかぁ

・・・・・・

ん〜美味あい〜〜〜〜

この味を知らずに死んでたらと思うとぞっとする


↑左よりヒロノ、谷村さん、フクダ、ワシ

ヒロノは某医療機関の理事を務めていてタイフェス実現の際には

献血車やレントゲン車等を会場に設置できるよう尽力するとのこと



↑谷村さんが二件目のバーでバースデーケーキとバーボンを御馳走してくれた

涙・・・

受けた恩をキチンと返すのは難しいかもしれない

が、忘れないよう肝に銘じることは出来る

忘れるどころか後ろ脚で砂を引掛けていく人間もまた少なくない

ワシの知っている限り谷村さんの周りでもそういった人間は数人いたが

御本人は「そいつがなんとかやっていけていればそれでいい」と仰る

ワシなら許すどころか5寸釘で一生呪ってやるところだ

そこが大会社を一代で築いた人間と何も遺せていないワシの違いなんだなぁ


4.30 H.Shirahama project



2013.02.11 Monday

同窓会

今日(昨日か)同窓会ライブ

高校時代から大学までの

あのヒリヒリする時期を共に過ごした仲間が

およそ40年近くぶりに集合

場所を提供してくれたのは

やはり同窓の仲間ソガちゃんが経営する

Jumpというお店


同窓会

↑まっちゃん、フルタ、ヒロノ、ソガちゃん

75年前後に博多に住んでいた方だけにしか意味のないショットかもしれませんが・・・

ボクの人生において不可欠の時期を共有した仲間達なのでしばしお付き合いを!

ゴールドトップのギターを弾くフルタ

実はこれ新品で1万円なんだそうである

「ギブソンはもう要らん」と暴言を吐いていたが

彼は福岡の高校生では間違いなくトップだったなぁ

まあワシに言わせれば1万にしては悪くないが・・

やっぱ1万だわ


同窓会

↑ちょっとボケてしまったが・・・

75年前後の博多の音楽シーンを彩った面々(これはお世辞ではない)

オレのブログに載せるけんハゲが恥ずかしいヤツは帽子かぶれよ

・・・と言ったら逃げたヤツがいた

コラァ、フクダ!


沢山の刺激を有難う

まだ盛り上がっているかな??

次回はゆっくりのもーぜ

ワシはこれから11日締め切りのミックスぢゃ!

眠い・・・


3.9 Zigy reunion

3.17 Guitar Workshop
※予約先着10名様特典有り



▲top