Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.08.24 Saturday

橋田壽賀子はアーティストか!?

最近ダイエットの専門家から

サプリとプロテインの併用を指導され

ようやく体重が動いてきた

調子に乗って

さらに食事を減らし

ヘロヘロ状態〜

昨日プールで溺れそうになった


話変わって昨夜からの豪雨

被害の大きかった地域の方には申し訳ないが

ここ福岡では恵みの雨となった(多分)


その雨音を聴きながらゆるキャラソングのアレンジを書き留めている

来週アタマから先輩の永隈晋ちゃんスタジオをお借りしてダビング作業

ふぅ、間に合うかいな・・・

これまで色々やってきたが(ポップス、ダンス、民族音楽にいたるまで)

今回は超苦手のジャンル(日本のテクノっつーか・・)

だがしかし苦手なものをやった時ほど得るものも多かったりするから

その向こう側を観てみたいからやっぱやめられない

周囲からはよく無節操だと言われるんだけどねぇ


閑話休題昨夜橋田壽賀子ドラマ「なるようになるさ」を観る

つーか最近割と続けて観ているな

渡る世間のシリーズ含め橋田先生(と言われるほどのバカでなし)の作品は

全く観ていないと殆ど観ていないの真ん中くらいの視聴者のワシが

偉そうに橋田先生(と言われるほど・・)を批評するのもなんだが・・

誰が読んでも大根に聴こえてしまうあのセリフがどうも苦手で

今日まで橋田作品の前を素通りしてきた

その不自然さこそが橋田ワールドなんだろうが・・

そして今度のドラマにもしっかりそのテイストは受け継がれていた


で、結論からゆーと何でこれが受けているのかさっぱり解らないのだ

解らないから数回我慢して観たが謎は相変わらず謎のままである

その昔中野にとんでもなく不味いカレー&カツ丼セットを出す店があって

駅が改装されるまで潰れることなくそこそこに流行っていたが

その感覚に似ている

10人中8人が不味いと感じても2人の熱烈なファンがいれば商売は成り立つ

そういう意味では橋田さんはアーティストなのかも知れないなぁ

橋田ファンからカミソリが送られてきそうな内容になっちゃったなぁ


10.5 小山卓治×白浜久

南相馬の現状レポート



2013.04.11 Thursday

じぇ!?



NHK朝ドラ「あまちゃん」

巧くて個性的な俳優さんが多いと

やっぱ面白くなるなぁ

ヒロインの子も爽やかでなかなかよろしい

脚本はクドカン(この人のエッセイは好きである)

テーマ音楽もいいなぁ

舞台は北三陸

で、そこの方言で

「じぇ」

・・とゆー言葉があって

これは驚いた時に使うのだそーだ

驚きのレベルは回数で表される

つまり・・・

「北朝鮮がミサイルぶっ放したがや」

「じぇ!?」

「日本の大都市、軍事基地に向かっているらしい」

「じぇ!じぇ!!」

「核弾頭を積んどるわ」

「じぇ!じぇ!!じぇ〜!!?」

・・・となるらしい

これ、一度使うとクセになって

最近知らずに独り言ゆーとる


閑話休題

近年ソロライブの時はオマケCDを進呈していたんだが・・・

今回も何某か御用意させて頂きたいと思います

乞う御期待


↑クリフォード・ブラウン「I'll remember April」

テナーはソニー・ロリンズ、ドラムはマックス・ローチとくれば

悪いわけがない

このAprilは季節のことなのか女性のことなのか定かではないけど

あまちゃんのヒロインのような春の小動物の躍動を感じるなぁ


4.30 H.Shirahama project

&Another session


2013.03.24 Sunday

朝ドラ


某局の朝ドラ(まあお分かりだろうけど)

今母親と一緒なので観たくなくても観るはめになる

これがもう設定無理無理で突っ込み所満載

主人公を次々と襲う不幸の数々

これらリアリティをあまり感じない不幸の叩き売りは半年に渡る

あと1週間で終わる筈だが、ここにきて尚

信じられない事件が起こる

主人公を懸命に支える夫が脳腫瘍

手術の日に台風が上陸し、開店前日にホテルが半壊

はぁ!?

舞台は沖縄方面の島だろ!?

結構な規模の台風が毎年通過しているがな

そんなに簡単にやられちゃ泊まる客はたまったもんぢゃない

それにその建物は既に築10数年だったんぢゃなかったかな!?

それまでビクともしなかったのに何で?

ぢゃふつーの民家は壊滅して大多数の死者が出ている筈だが

ホテル以外は無傷だったみたいだ(笑)

挙句術後の夫は意識戻らず、と

結局脚本家さんはこの不幸の連鎖で何を訴えたいのかなぁ

それともワシの想像力が欠如しているのかなぁ

ここまでくると

ついでに北朝鮮から発射されたミサイルが目標の東京を大きく逸れて

ホテルを直撃するくらいの不幸を見舞ってもいいんぢゃないか!?

一見あり得なさそうな偶然でもリアリティを感じられるか否かは

やっぱ脚本家の才能だと思うんだよなぁ・・・


↑トレーシー・ソーン「Femme Fatal」

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコのカバー

宿命の女性に振り回される不幸は蜜の味なりってか


4.30 H.Shirahama project



▲top