Hisashi Shirahama Official Blog


<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2020.04.12 Sunday

コロナより強い与党議員

JUGEMテーマ:政権与党について



経産省改ざんを大臣が黙認
https://www.meti.go.jp/speeches/kaiken/2020/20200403001.html

先週の国会でも問題になったが(おい!マスコミ!!)
経産省のホムペでも堂々と書いているな
シンジラレナイ
公文書改ざんは違法である
だが梶山弘志は(大臣だよ)「違法性が高いとは言えない」と開き直り
告発した(真面目な)職員を守る法を廃案にする気満々だ
オヤジの静六もこげなクズだったかいな!?



↑ ブラックサバス「パラノイド」 中学ん時好きだったんだ
 

2020.04.07 Tuesday

公益通報者保護法

JUGEMテーマ:政権与党について



アベ政権やりたい放題はどこまで続く
https://dot.asahi.com/wa/2020040600021.html?page=1

↑ これにはビックリした
先日経産省エネルギー庁の公文書改ざんについて書いたが
まさかここまで腐っていたとは・・・
企業や役所の腐敗を正すために通報した者に対しては
その身分は保護されることになっているが
実際は解雇されたり、不当な扱いを受け続け
結局職場を去るハメになる

度重なる公文書偽造、改ざんを受けて
この通報者保護法の改訂が今国会に出されたが
通報者が不当な扱いを受けた場合は
企業や役所は処罰されるという一文が綺麗サッパリ消えていた
経団連が反対したんだそう
これってつまり企業は(役所も)これからも違法行為を
無反省に繰り返すということではないか
なんて世の中だ

 

2020.04.04 Saturday

森友の反省まるで無し

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 機材と窓の隙間で日向ぼっこ シールドを噛むのでガムテ保護していたんだが
いつの間にか剥がされていた 今日の午後は機材移動だな


経産省エネルギー庁による公文書改ざん

コロナ騒ぎでひどく小さく扱われているが
とんでもない話だ
例の関電職員金品受領問題
監督官庁の経産省が業務改善命令を出すのは当たり前だとして
命令を出す前に電力取引監視委員会への報告義務を怠ったという
それを隠すために公文書偽造を課長が指示し次長が承認決済したという
(小学生か、おまえら!)
桜問題と森友疑惑再燃で公文書の取り扱いが取り沙汰されている中で起きた不祥事
呆れたのが職員の処分内容
指示した課長が戒告(懲戒で一番軽い)その他関わった連中はもっと軽い
厳重注意とかそーゆーやつやね
減給もなし
は?
オレが独裁者だったら指示した課長も決裁した次長も打首獄門ぢゃわい

軽すぎる理由について経産省は
「森友問題の処分とバランスをとった」
だと
ウィルス感染が深刻な事態に
「森友も桜も関電もほっておけ」
という輩もいるが
問題なのは平気で不正をする政府に
この国のカジ取りを任せていいのかということなのだよ
自粛に伴う補償をこんな連中が真剣に取り組むはずなかろー
だってこいつら、不正がバレても給料は1円も減らんし
それどころか来年までコロナが終息しなくてもちゃんと昇給するんだからさー
その金でキャバクラで遊んでもキャバ嬢の補償は認められないってのもね
いくらなんでも酷すぎると思いませんか!?

そーいえばこの関電事件だが
不正に受け取っていた職員らで逮捕された人間はいないみたいやね
しかも引責辞任した元副社長は退任後も月給490万を受け取っている
よくわからない世の中になってきたなブツブツ・・・


ギタ女フェス延期

4月16日、トーキョーエフエムホールで予定されていたギタ女フェス東京予選
延期になりました
中止ではありません
既に応募されているかた
応募しようと思っていたかた
終息したときにお会いしましょう!
 

2020.03.31 Tuesday

払い戻ししなかったチケットは寄付!?

JUGEMテーマ:政権与党について



補償なき自粛要請

昨夜の小池さんの緊急会見では
「ライブハウス、カラオケ、ナイトクラブ、キャバクラには行かないように」
と特定の職種が狙い撃ちされた感あるが・・・
コンサート、スポーツなどのイベント自粛が続いている
僕らが演るようなライブハウスからスタジアムまで
規模は様々だが、自粛要請と補償はセットで考えるべき問題だ
だが文化芸能への対策は都も国も全く示してくれない
中小零細企業への貸付はするようだがそれも3年の猶予の後
過酷な返済が待っている


アベはこの国からアートを消し去る気だ

先週のアベの会見だが
音楽業界についてとんでもないことを言っていた

「音楽関係者とこれまで7回会い状況を把握しました。
中止によって大きな負債を抱えた主催者もおられた。
こうした死活問題に直面する人達から
それでも歯を食いしばって試練に立ち向かっていく
という力強い決意を伺うことが出来ました。
文化の火は絶やしてはなりません。
但し感染拡大の防止が最優先です。
これが終息し回復期に入った時には思い切った政策を打ち出します」

早い話が音楽関係者には一時金含め補償などせんよ
とまぁそーゆーことらしい
回復期がいつになるか見当もつかないが
その時思い切った政策を発動しても
持ちこたえている人が一体何人いるやら・・・

江川紹子さんが
「思い切った政策について今判っていることは?」
との問いに
「税金で補償するというのは難しいのでそれに代わるものを検討中」
だと

この1ヶ月余りで飛んだ公演、試合は8万件を超えた
その予定来場者数は5800万人
それが全部泡と消えたわけだ
この窮状に文化庁長官は
「明けない夜は無い。今こそ共に前に進みましょう」
とワケワカランチンの声明
前にも後にも進めない人が大勢いるということを
アベ政権はまるで解ってないな
この夜が明けた時に演奏の場やアーティスト
観客がいなくなっていたら何にもならないじゃないか

唯一の具体策といえば
「払い戻ししなかったチケットの売り上げは主催者が貰っていいよ」
というもの
これは寄付とみなし「税負担を減らしてあげるよ」と
酷い話だ
アーティストを支えるファンの純粋な気持ちにつけ込む以外に
何も手立ても無いのか
 

2020.03.31 Tuesday

4月から変わること

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ アラン・メリル「Walk away Renee」


4月から変わること

つまり明日からということなんだが
無保険の自転車は都内を通行出来なくなる
ウチは東京都でも23区外だから
ここいら辺を乗り回す分には問題ないが
近い将来規制されるだろうな

それとレジ袋
7月から有料になるレジ袋は前倒しで明日から始まる店が多い
マイバッグ持参を習慣にせないかんな


↑ 志村けんさん同様、一昨日コロナで亡くなったアラン・メリル
母親はあのヘレン・メリル
米ポップバンドのレフトバンクがWalk away Reneeで大ブレークした後
オーディション合格するも程なくして解散
日本での活動を挟んで渡英、アローズ結成
その時に書いた「I love R&R」はジョーン・ジェットがカバーし
全米1位の大ヒット
合掌・・・
 


▲top